生活習慣の見直しでうつ病を克服

健康的な生活を送ることでうつ病を改善、自分の生活習慣の見直しを

栄養バランスの整った食生活、良質な睡眠、適度な運動などは健康的な生活を送るために必要なものであり、当たり前のことでもありますが、現代人にとっては難しい場合もありますよね。

食事の栄養は偏りがち、不眠の症状がある、運動不足、といった人もとても多いかと思いますが、こうした生活習慣の乱れは「うつ病」の発症にも繋がります。

不規則な生活習慣を送っていると、自律神経に乱れが見られるようになり、セロトニンの分泌力も低下してしまいます。

セロトニンとは脳内物質の一種ですが、気持ちを落ち着かせて精神を安定させる働きがある物質なので、セロトニンの分泌力が低下すると憂うつな気分になりやすくなったり、イライラや不安を感じやすくなってしまうのです。

こうした症状はうつ病の代表的な症状であることから、うつ状態とセロトニンの不足は大きな関係があると考えられています。

反対に規則正しい生活習慣を送ることによって、セロトニンの分泌は安定し、気持ちも落ち着いて明るい気分で過ごすことができるようになります。

うつ病の治療に「薬物療法」がありますが、治療で用いられる抗うつ剤にはセロトニンを補う働きがあるため、抗うつ剤を服用することでセロトニンを増やし、うつ状態を緩和させていくことができるというわけです。
(⇒うつ病の薬物療法

しかし、薬ばかりに頼っていてもうつ病は一向に良くなりません。薬はうつ状態を緩和させるために使うものであって、うつ病を完治させるものではありません。

うつ病を完治させるためには日々の生活習慣を見直すことはもちろん、物事に対する考え方や捉え方を変えるために認知行動療法も行なう必要があります。

薬物療法も重要な治療法ですが、薬ばかりに頼らず自分の力も信じるようにしなければ、うつ病の改善には至らないのです。

そのため、まずは生活習慣を見直していくことが大切というわけですね。不規則な生活習慣はうつ状態にさらに拍車をかけてしまうことになりますから、自分でできるところから生活を改善していくようにしましょう。

例えば、いつも遅い時間に寝て睡眠時間が十分に取れていない、という場合には、早寝早起きを心がけることから始めてみてください。

特に早起きをして朝日をたっぷり浴びることで体内リズムがリセットされるので、もし夜更かしなどをしていた場合でも、身体は新しい1日を始める準備をするようになります。

そうすることによって夜になれば自然と眠気が現われるようになり、ぐっすりと眠ることができるようになりますので、まずは早起きをして朝日を浴びる習慣をつけるようにしてみてください。

うつ病にとって、良質な睡眠は重要な治療の一つでもあります。毎日しっかり眠ることができるように、朝日のパワーを借りてみると良いでしょう。

その他にも食生活を見直してみること、自分が継続できる適度な運動を行なうことなど、自分が無理せずできることから改善してみてください。