うつ病と仕事・生活について

記事一覧

育児疲れからの解放、のびのびと子供の成長を見守っていく子育て

慣れない子育てに対して疲れを感じている主婦は少なくありません。イライラしていると子供に対しても罵声を浴びせてしまうこともありますし、一人で泣いてしまうこともあります。

しかし、そのような状況が長期的に続いている場合は、うつ病を発症している恐れがあるので一度医師によく診てもらうことをおすすめします。

育児疲れや育児ノイローゼからうつ病を発症してしまうケースはとても多く、女性だけではなく男性も育児によってうつ病になってしまうこともあります。

近年では主婦ではなく主夫として、お父さんが主に子育てや家事をしているという家庭も多いですが、男性もまた女性と同様に育児疲れを感じることがあるのです。

育児が上手くいかないことに対するストレスが大きな原因で、ストレスを溜め込んでしまうことからうつ状態に陥ってしまい、うつ病を発症してしまうというわけです。

家庭によってはお母さんもお父さんも夫婦揃ってうつ状態になってしまうこともあるため、家族や近しい親戚の皆さんは育児に対する夫婦の思いや考え方を聞いてみることも予防の一つとなっています。

うつ病は誰しも発症する恐れのある病気ですから、うつ状態に陥ることをあらかじめ防ぐためにも、夫婦同士はもちろん、家族や親戚間の心の繋がりを大事にするようにしましょう。

育児によってうつ病を発症する場合、育児の悩みやストレスを誰にも話せず一人で溜め込んでしまうことが多く見られていますので、家族の皆さんはちょっとした悩みでも良いので話を聞いてあげることをおすすめします。

育児で悩みや辛さを抱えている皆さんも、遠慮せず家族や仲の良い友達に話してみてください。

また、人によっては「育児が上手くいかない・・・」と悩んでしまっている人も多いかと思いますが、育児に上手いも下手もありません。

子供を夫婦だけで上手く育てようと思わず、周りの人達の力を借りながらのびのびと成長を見守っていく、ある程度の気楽さを持つことが大切です。

よく他人の子供の成長と自分の子供の成長を比べてしまうことがありますが、そのような必要も全くありません。「どうしてうちの子だけ・・・」と悲観的になる必要もありませんし、早く成長することを望む必要もないのです。

子供はそれぞれのペースで成長していきます。親が子供を比べてしまっては子供もしっかり成長していくことはできませんから、比べてしまいそうになったら「人は人、自分は自分」と言い聞かせてみましょう。

その他、元々真面目で几帳面な性格の人何事に対しても完璧を目指してしまうような人は、子育てにも完璧を求める傾向があります。

子供は人形ではありませんので、完璧なことなどは有り得ません。自分自身も完璧である必要もないですから、子供を育てることにパーフェクトな結果を求めることは考えず「ちょっとくらいダメでもいいや」くらいの考え方で育児に臨んでみてください。気持ちはスッと楽になりますよ。

うつ病でも恋愛できる?依存傾向が強い場合はうつを悪化させることも

気になる人や好きな人ができたとき、「うつ病だから・・・」と諦めてしまっている人はいませんか?また、彼氏や彼女がうつ病になってしまった、付き合うことになった人がうつ病だったなど、好きな相手がうつ病である場合もありますよね。

このような時、これから互いにどんな付き合い方をしていくことが正解なのか、悩んでしまうことは当たり前のことです。

好きな人だからこそ、うつ病である自分と付き合うことで相手に嫌な思いをさせてしまうかもしれない、自分ではうつ病の相手を幸せにすることができないかもしれない、というように、好きだからこそ悩んでしまうこともあるものです。

しかし、二人が恋愛をする上で一番大切なのは「うつ病」ではありません。うつ病であることが恋愛の悩みとなっている場合は、まず「うつ病だから」ということを抜きにして考えることがまず必要です。

例えば、うつ病を発症している彼氏や彼女がもしうつ病ではなかったら、皆さんはその人のことを嫌いになるでしょうか?

彼氏や彼女がうつ病でなかったら二人の付き合い方は変わるかもしれませんが、その人自身を好きになったり嫌いになったりする理由にうつ病は関係ありません。その人自身を好きになったのであれば、うつ病であるかないかで悩む必要はないのです。

と言っても、うつ病の人と長く付き合うためには、うつ病という病気を理解すること、うつ病患者の感情の起伏にいちいち左右されないことなど、うつ病についてよく知った上でその人に依存しすぎないことが重要です。

反対にうつ病を発症している人も依存傾向が見られる場合があるため、状態がひどい場合は恋愛依存症やセックス依存症に陥ってしまうことも少なくありません。

恋愛のかたちは人それぞれ異なりますが、依存傾向が強いような場合はうつ病の治療をしっかり受けることがまず大切です。

相手に依存する恋愛では互いに救われませんから、原因と考えられるうつ状態を改善し、依存傾向のある相手とは距離を置くようにしましょう。

特に依存傾向が強くなるタイプとしては、いつも誰か好きな人がいないとダメとか、恋人がいないと不安で仕方なくなるとか、恋愛をすることで精神の安定を求めるようなタイプです。

うつ病でも恋愛をすることはできますが、こうした依存傾向がある場合はかえって恋愛によってうつ状態を悪化させてしまうことがあるため、注意してください。失恋した場合なども気をつける必要があります。

また、うつ病の皆さんは、恋愛や恋人が自分を救ってくれると考えるのではなく、恋愛をすることで互いを高めていくことを考えていかなければなりません。

うつ状態に陥っているとこう考えることは非常に難しいものですが、うつ病の彼氏や彼女がいる皆さんは、こういう時こそ力になってあげましょう。

決して互いに依存し合うのではなく、いい距離感を保ちながら互いに助け合える関係性を目指してみてください。

生活の中で泣くことが増えた、必要以上に感情移入してしまう場合も

特に悲しいことがあったわけでもないのに涙が出る、テレビのニュースやドラマなどの悲しい話に必要以上に感情移入してしまって涙が出てくる・・・うつ病を発症するとこのような症状が現われることもあります。

うつ病の代表的な症状には憂うつ感、気分の落ち込み、イライラ感、無気力感、全身の倦怠感、食欲低下、睡眠障害などが挙げられますが、わけもなく涙が出る、ちょっとしたことで泣きたい気持ちになる、感情移入しやすくなるといった症状もまた、うつ病の特徴となっています。

同じうつ病でも人によって程度は異なりますが、うつ病は気持ちが不安定になっているため、ちょっとしたことで涙が出たり、ドラマなどの作品に過剰に感情移入してしまったり、感情の起伏が激しくなることは珍しいことではありません。

特にドラマや小説、アニメ、漫画といった作品に感情移入することは、場合によってはうつ状態を悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

その作品の内容にもよりますが、病気が関わる作品や死が関わる作品などは、感情移入をすることでうつ状態を強めてしまう恐れがあります。

健康な人でも難病ものを扱っているドラマや小説などの作品に触れることで、軽い気分の落ち込みを感じたり、涙が出て止まらなくなったりすることがありますが、うつ病の場合は病気の悪化に直接関わることもありますので、できれば避けるようにすることをおすすめします。

患者によっては自分から避けていることもありますから、もし自分から「こういうドラマは見たくない」とか「こういう小説は読みたくない」と言っているような場合には、無理して見せたり読ませたりしないようにしてください。

また、うつ病患者の周囲の視点から見てみると、うつ病患者に対する感情移入というものも大きな問題として挙げられます。

うつ病の人と長く付き合っていくためには、その人に対してあまり感情移入せず、症状を客観的に冷静に見る必要性があります。

これはうつ病を専門としている心療内科や精神科の医師にも同様に言えることなのですが、患者に対して感情移入しすぎてしまうと、自分自身もうつ状態に陥ってしまう恐れがあるからです。

例えば、皆さんはうつ病の患者の話を聞いて相談に乗ってあげることになったとします。患者は話を聞いてもらうことで気持ちがとても楽になるのですが、皆さんがその話に感情移入してしまっていたらどうでしょうか?

今度は皆さんがうつ状態に陥ってしまう恐れが高まってしまいますので、話を聞くにしても感情を入れすぎず客観的な姿勢を保つことが大切です。

うつ病の人と付き合っていくためには、皆さんがある程度突き放した気持ちで付き合う必要があります。
(⇒うつ病の人と付き合うことに疲れたら

冷たい、優しくないといった印象に思われても、皆さん自身もうつ病になってしまっては元も子もありません。患者に協力することも大切ですが、それ以前に自分のことも大切にしてあげてくださいね。
(⇒大切な人がうつ病でもまずは自分のことを大切に

一人暮らししても大丈夫?うつ病を発症したら周りに人がいる生活を

ある程度の年齢になると、実家を出て一人暮らしをすることが多くなります。進学や就職をきっかけに一人暮らしすることが特に多く、10代から一人暮らしをすることは決して珍しくありません。
(⇒進学や就職など環境の変化もうつ病の原因に

親元から離れて自立するということですから、人間として成長していくためにはとても良い経験になるものですが、うつ病を発症していた場合はどうでしょうか?

一人暮らしの負担によってうつ状態が悪化してしまうことも考えられますし、周りに助けてくれる人がいない状況はうつ病を治療するためにもあまり良い環境とは言えません。

特に医師からうつ病と診断された直後は、うつ状態が落ち着いていないため、もし既に一人暮らしをしていた場合には実家に帰って休養を取るなど、一人になる環境を避けることが必要です。

うつ病を発症している患者自身は「一人になりたい」「誰とも会いたくない」「誰とも話したくない」という気持ちになってしまっている状態ですが、うつ病は一人で治療できる病気ではありません。

普段の生活を送ることはもちろん、病院に通う場合にも周りにいる家族の助けが必要となるのです。うつ病を発症すると、自分から一人になって殻に閉じこもってしまいがちになりますが、家族の皆さんはその状態を温かく見守っていてください。

過剰に何かをしてあげる必要はありませんし、患者中心の生活を送る必要も全くありません。うつ病の人と暮らしていくためには何かを頼まれたらやってあげる、自分の生活を第一に考えることなど、適度な距離感を保っておくことが大切です。

患者の生活状況や気持ちの浮き沈みにいちいち付き合っていても、今度は周りにいる皆さんがうつ状態に陥ってしまうことも考えられます。

うつ病の人と生活していくためには、相手に関わっても関わりすぎないことが必要なので、家族の皆さんも自分の生活を大切にしながら協力していくことを心がけてくださいね。

また、うつ病はひどいと何か行動を起こすことさえできなくなってしまいます。食欲げ湧かず食べる気力が見られない、睡眠を全く取れていないように見える、水分さえも摂れない、トイレに行くこともできないなど、とても自宅で生活できない状態の場合は、すぐに医師に相談して入院の手続きをしてください。

重度のうつ病は入院が必要となりますので、自宅療養ではなく入院治療を選ぶことが患者本人のためでもあり、家族のためでもあります。

うつ状態を落ち着かせることが先決ですので、症状の程度によっては入院させるようにしましょう。

適切な治療を受けることでうつ状態は徐々に改善されていきますが、うつ病は回復期に入った場合でも気持ちは大変不安定となっています。

患者本人が「一人暮らししたい」などと行動したくなったとしても、場合によってはうつ状態が悪化してしまう恐れが考えられます。

様子を見るためにも、患者本人がうつ病としっかり向き合うことができるようになるまで、一人暮らしは止めておきましょう。

日頃から風邪を引かないよう注意!風邪を予防してうつ病の悪化も防ぐ

憂うつ感や気分の落ち込み、イライラ感などの精神的症状をはじめ、食欲不振や睡眠障害、倦怠感などの身体的な症状なども現れるうつ病。

現代では働き盛りの年代だけではなく、20代や30代の若年層、子供までもうつ病を発症しているケースが見られています。

従来型のうつ病とはまた違った症状が現れる新型のうつ病も発症率が高まっているため、少しでもおかしいと思ったら早めに医師に相談しましょう。

うつ病は自分で発症していることに気づかない場合もあるので、周りの家族などに変化が見られている場合にもよく注意してください。

このように心が風邪を引いてしまったような状態がうつ病なのですが、うつ病を発症している場合も実際に風邪を引くことがあります。

風邪を引いて熱が出る、咳が出る、身体がだるい、といったような症状はうつ病の症状を悪化させてしまうことがあるので、まずは風邪を予防することが大切です。

特に身体のだるさなどの倦怠感や食欲不振は、うつ病の症状の一つですから、風邪を引いたことでより症状がひどくなることがあります。風邪と相乗してうつ病が悪化することを防ぐためにも、日頃から風邪を予防するように注意しておきましょう。

そこで必要となるのが、生活習慣の見直しです。生活習慣が乱れていると体調を崩しやすくなり、風邪を引きやすい状態になってしまいます。

それだけではなく、生活習慣が乱れていることはうつ状態の悪化にも繋がってしまうため、うつ病を発症している場合はより生活習慣を改善することが重要となっています。

うつ病自体も生活習慣の乱れが原因となって発症することがあるので、うつ病予防のためにも生活習慣を見直すことを心がけていきましょう。

偏った食生活になってしまっている場合は栄養バランスが整えられた食事を摂ること、運動不足になっている場合は適度な運動を心がけることなど、生活習慣で問題がある箇所を一つずつ見直してみてください。

特に睡眠はうつ状態の緩和にも効果的ですから、睡眠をしっかり取ることでうつ病の悪化も風邪も防ぐことができます。

しかし、うつ病を発症している場合は睡眠障害に陥ってしまっていることが多く見られているため、毎日たっぷり睡眠を取ることができない患者も少なくありません。

そうした睡眠障害から風邪などの症状が現れてしまうこともあるので、まずはうつ状態を落ち着かせて毎日睡眠を取るために、医師の指示に従って薬物療法を続けていきましょう。

もちろん薬だけに頼らず、早寝早起きを心がける、寝る前はテレビやパソコン、携帯電話などの光を見ることは避けるなど、睡眠を取りやすい状態にしておくことも重要です。

また、うつ状態から睡眠障害に陥るだけではなく、睡眠障害からうつ病に発展してしまうこともあるので、睡眠に問題が見られているような場合は早めに医師に相談して対処することをおすすめします。良質の睡眠を取って風邪もうつ病も防いでいきましょう。

<1 2 3