うつ病と仕事・生活について

記事一覧

自分の誕生日に憂うつになる、他人の誕生日を忘れてしまう場合も

自分の誕生日を祝ってもらえるのはいくつになっても嬉しいものです。例え年齢を重ねても、周りからかけてもらえる「おめでとう!」という言葉は心に響きますよね。

しかし、うつ病の場合は自分の誕生日を迎えることでどうしようもなく憂うつな気持ちになったり、誕生日が来る時期になると気分が落ち込みがちになるなど、誕生日を喜べない場合もあります。

自分の誕生日なのに嬉しくないの?と不思議に感じる皆さんも多いかと思いますが、うつ病を発症すると何事に対しても無気力なってしまい、誕生日のことを考える余裕がない場合も多く見られています。

誕生日だと気付いたとしても、どうして自分は生まれてきたんだろうとか、自分なんか生きていても仕方がないのに、といったように気分が塞ぐきっかけになってしまうことも少なくないのです。

決して自分の誕生日を喜びたくないわけではなく、喜びたくても喜べない状況になってしまっているのがうつ病です。頑張りたくても頑張れない、楽しみたくても楽しめない状態になってしまうのです。

これはうつ病という病気がそうさせてしまっているだけで、患者本人が悪いわけではありません。よく「うつ病はわがままなだけ」と言われていますが、これは大きな間違いです。
(⇒うつ病は単なるわがままや怠け癖ではない

うつ病は心が風邪を引いてしまっている状態です。風邪をしっかり治さない限り、こうした考え方をぬぐい去ることはできないので、まずは憂うつ感を改善させるために適切な治療を受ける必要があります。

心療内科や精神科はうつ病を専門的に扱っていますから、少しでもおかしいと思ったら早めに病院を受診することをおすすめします。

ただ、うつ病は自分ではなかなか気付きにくい病気でもあります。患者本人がうつ病であることに気付いていなくても、周囲にいる家族や友達、恋人から見て何らかの変化が見られている場合には、一度よく話を聞いてあげるようにしましょう。

うつ病の治療を始めるには早いに越したことはありません。早期に症状に気付き治療を始めることで、症状の悪化を防ぐことができます。回復も早くなりますので、まずは症状が現れている場合はすぐに医師に相談するようにしてください。

気分が落ち込みがちになって無気力になるだけではなく、ちょっとしたことでイライラすることが増える、夕方になると憂うつな気分も楽になってくる、といったような症状はうつ病の代表的な症状です。

その他にも食欲不振や睡眠障害の症状が現れたり、判断力や記憶力が鈍ってしまうこともあります。なので、誕生日についても他人の誕生日を忘れてしまう場合も珍しくありません。

そのような場合に誕生日の話題を出してしまうと、患者の負担になってしまうこともあるので、まずは状況を見守ってみてください。

祝ってもらえなくて寂しいと思ってしまう皆さんも多いかもしれませんが、うつ病の症状を悪化させないためにも、状況を温かく見守る余裕を持つようにしましょう。

健康的な生活を送ることでうつ病を改善、自分の生活習慣の見直しを

栄養バランスの整った食生活、良質な睡眠、適度な運動などは健康的な生活を送るために必要なものであり、当たり前のことでもありますが、現代人にとっては難しい場合もありますよね。

食事の栄養は偏りがち、不眠の症状がある、運動不足、といった人もとても多いかと思いますが、こうした生活習慣の乱れは「うつ病」の発症にも繋がります。

不規則な生活習慣を送っていると、自律神経に乱れが見られるようになり、セロトニンの分泌力も低下してしまいます。

セロトニンとは脳内物質の一種ですが、気持ちを落ち着かせて精神を安定させる働きがある物質なので、セロトニンの分泌力が低下すると憂うつな気分になりやすくなったり、イライラや不安を感じやすくなってしまうのです。

こうした症状はうつ病の代表的な症状であることから、うつ状態とセロトニンの不足は大きな関係があると考えられています。

反対に規則正しい生活習慣を送ることによって、セロトニンの分泌は安定し、気持ちも落ち着いて明るい気分で過ごすことができるようになります。

うつ病の治療に「薬物療法」がありますが、治療で用いられる抗うつ剤にはセロトニンを補う働きがあるため、抗うつ剤を服用することでセロトニンを増やし、うつ状態を緩和させていくことができるというわけです。
(⇒うつ病の薬物療法

しかし、薬ばかりに頼っていてもうつ病は一向に良くなりません。薬はうつ状態を緩和させるために使うものであって、うつ病を完治させるものではありません。

うつ病を完治させるためには日々の生活習慣を見直すことはもちろん、物事に対する考え方や捉え方を変えるために認知行動療法も行なう必要があります。

薬物療法も重要な治療法ですが、薬ばかりに頼らず自分の力も信じるようにしなければ、うつ病の改善には至らないのです。

そのため、まずは生活習慣を見直していくことが大切というわけですね。不規則な生活習慣はうつ状態にさらに拍車をかけてしまうことになりますから、自分でできるところから生活を改善していくようにしましょう。

例えば、いつも遅い時間に寝て睡眠時間が十分に取れていない、という場合には、早寝早起きを心がけることから始めてみてください。

特に早起きをして朝日をたっぷり浴びることで体内リズムがリセットされるので、もし夜更かしなどをしていた場合でも、身体は新しい1日を始める準備をするようになります。

そうすることによって夜になれば自然と眠気が現われるようになり、ぐっすりと眠ることができるようになりますので、まずは早起きをして朝日を浴びる習慣をつけるようにしてみてください。

うつ病にとって、良質な睡眠は重要な治療の一つでもあります。毎日しっかり眠ることができるように、朝日のパワーを借りてみると良いでしょう。

その他にも食生活を見直してみること、自分が継続できる適度な運動を行なうことなど、自分が無理せずできることから改善してみてください。

うつ病は早く治さなくても良い!職場に復帰することを焦らないで

仕事におけるストレスは誰しも感じているものですが、人によってはストレスを上手く発散できずに溜め込んでしまうこともあります。

ストレスを発散してリフレッシュすることで、翌日の仕事に対する向き合い方は大きく変わりますし、仕事に対する考え方や負担も軽減させることができます。

つまり、真面目に仕事をするにしても少しばかり気を抜く部分を作っておかないと、精神的・身体的に大きなダメージが加わってしまうのです。

うつ病もその一つで、過剰なストレスによる精神的・身体的負担が原因となってうつ状態に陥ってしまい、うつ病を発症してしまうと考えられています。

何となく気分が優れない、憂うつな気持ちになることが増えた、イライラする、食欲がなくなる、十分な睡眠が取れない、自分の必要性を感じなくなるなど、このような症状はうつ病の代表的な症状ですが、2週間以上も症状が続いているような場合は早めに医師に相談することをおすすめします。

こうした症状が現れているまま仕事をし続けても、うつ病の症状は決して良くなりません。それどころか悪化してしまう恐れが高まってしまいますので、まずは仕事から離れて自宅で休養することが大切です。

しかし、うつ病を発症していると「仕事を休むことなんてできない」と考えてしまうことがほとんどであるため、もし仕事を休めたとしても「早く仕事をしなきゃ」とか「1日でも早く職場に復帰しなきゃ」という考え方になってしまい、しっかり休養を取れなくなってしまう場合も少なくありません。

こうした症状自体がうつ病の特徴であるため、まずは仕事を休んでも良い、早く職場復帰することを考えなくて良い、というように考え方を変えていくことが必要です。

うつ病を発症しやすい人は真面目で几帳面な性格の人が多く見られていることから、仕事に対しても大変真面目に取り組んでいる人がほとんどですが、うつ病を治すためにはこうした性格が回復の妨げになってしまうこともあります。

完璧を目指すあまりに自分の身体を酷使してしまったり、ストレスが溜まっているにも関わらず精神的負担を抱えてしまったり、自分で自分自身を追いつめてしまう傾向もあるので、うつ病になったことをきっかけに少し不真面目になることを覚えると良いでしょう。

うつ病は再発しやすい病気でもありますから、一度症状が良くなったとしても、真面目な性格が影響してまた同じ状況になってしまうことも大いに考えられます。再発を防ぐためにも、自分の性格を見つめ直してみることをおすすめします。

また、うつ病の治療は薬物療法などが主に行なわれていますが、まずは休養を取ることが先決です。自宅でのんびり過ごすことが一番の治療法ですから、ベッドの上で何もせずにボーッとするだけも良いのです。

もし自宅でゆっくり休めない場合には、入院して治療を受けることもできますので、皆さんに合った方法でうつ病を改善させていきましょう。

自分でやらなければ・・・考え方を少し変えて他人のことも頼ってみて

仕事にしても家事にしても、何でも自分でやらなければ気が済まない!という人はとても多いかと思います。

特に自分がこだわりを持ってやっているも物事や、長期間習慣化されている物事に関しては、自分でやらなければ納得がいかない、と思ってしまうこともあるものですよね。

こうした性質は真面目で几帳面な性格の人によく見られることなのですが、あまりに度が過ぎるような場合はうつ病を発症するきっかけになってしまうことがあるので注意が必要です。

うつ病は精神疾患の一種で、一般的にはストレスや環境の変化などが原因で発症すると考えられていますが、生まれ持った性格がうつ病の発症に関わっている場合もあります。

特に真面目な性格、几帳面な性格など、完璧主義の傾向がある人はうつ病にかかりやすいと言われています。その他にも他人から頼まれたことは断れないとか、誰にでも良い顔をして話を合わせてしまうようなお人好しの性格である人も、うつ病にかかりやすい傾向があります。

こうした性格が影響して発症したうつ病を治療する場合には、抗うつ剤などによる薬物療法を行なうことはもちろん、自分自身の性格を見つめ直していくことが必要となります。

しかし、生まれ持った性格はそう簡単に変えることはできませんよね。今すぐに完璧主義を治せ、と言われても無理な話です。そこで皆さんにおすすめなのが、自分一人で頑張らずに他人を頼ってみることになります。

完璧主義の傾向がある人は、何でも自分でやらなければ気が済まないため、一人で頑張ってしまうことが多く見られています。

そうしたことで一人で疲れてしまいストレスを溜め込んでしまう、その状態を繰り返すことによってうつ病を発症してしまうケースは決して珍しいことではありません。

性格上仕方のないことだとは言っても、その性格が影響して発症したうつ病の場合は、自分自身で性格を少しずつでも変えていかなければ、いつまで経ってもうつ状態から抜け出せないままです。

うつ病を治したい、という気持ちがあるならば、周りの人に協力を求める勇気を持ちましょう。

自分がやるべき仕事だとしてもちょっとだけ他人に任せてみるとか、いつもは自分がやっている家事でも他の家族に任せてみるとか、他人を頼ってみることを心がけてみてください。

何でも自分でやろうという気持ちを持つことは良いことですし、周りからの信頼も得られますが、それが負担になってしまっては元も子もありません。

特にうつ病を発症している場合は、負担を増やすことでうつ状態も悪化してしまう恐れがあります。自分一人では無理なこと、どうしてもできないことは周りの人達を頼ってみるよう心がけていきましょう。

また、周囲の家族なども「自分一人で頑張らなくてもいいんだ」と患者自身が思うことができるよう、できる限り協力してあげてください。うつ病の治療には、家族と心の繋がりを持つことも大切ですよ。

アルコール依存・恋愛依存・セックス依存、普段の生活に関わる依存症

他の精神疾患と併発しやすい特徴を持つ「うつ病」。ここではうつ病と併発することが多く見られている様々な依存症について、詳しく見ていくことにしましょう。

まずうつ病を発症すると増えるのがアルコールの摂取です。お酒をよく飲むようになる、お酒を飲まなければいられなくなる、薬をお酒で飲んでしまうなど、アルコールに頼ることで精神安定を求める傾向が強く見られるようになります。

全ての人がこのような「アルコール依存症」になるわけではありませんが、うつ病を発症するとお酒を飲むことが増えて、うつ状態が強くなってしまう危険性が高まってしまうため、家族の皆さんも十分に注意する必要があります。

特にお酒で薬を飲んでしまうことは大変危険です。抗うつ薬などを服用している時期はお酒を控えることを医師からも注意されますが、どうしてもお酒と一緒に薬を服用してしまう場合は医師によく相談の上、入院治療を考えることも念頭に入れておくことをおすすめします。

また、アルコール依存症からうつ病を発症するケースもあるため、そのような場合はアルコール依存症をしっかり治療することからうつ状態に陥ることを予防していきましょう。

その他、恋愛やセックスなど男女関係の中で依存症が現われる場合も多く見られています。うつ病になっても恋愛をすることはできますが、依存傾向が強い恋愛の場合は注意が必要となります。

恋愛は互いに支え合える関係性を持つこともできるため、人によってはうつ状態を緩和させていく効果もあります。

しかし、恋愛に依存してしまうタイプの人にはうつ状態に拍車をかけてしまうばかりではなく、他の精神疾患を発症してしまう恐れも考えられているため、恋愛関係に甘えてしまうような場合は「恋愛依存症」に陥りやすくなっています。

恋人がいなければ何もできないなど、恋人がいない生活なんて考えられない、恋人がいないと寂しくてどうしようもなくなるなど、一人でいることに対して過剰な不安感を抱いているような場合は恋愛依存になりやすい傾向があるので、うつ病を発症していない場合でも注意してください。

恋愛依存症の場合も後からうつ病を発症することがありますから、うつ病の発症を防ぐためにも恋愛依存症から抜け出すことを考えていきましょう。

また、恋愛依存と共に現れやすいのが「セックス依存症」です。一般的にセックスが好きな人はセックス依存症になる危険性は低いですが、心の奥底にある寂しさ、誰かに甘えたい気持ち、人肌の温もりを求める気持ちがあることから、セックスせずにはいられない状態になってしまうことがあります。

楽しむためのセックスではなく精神安定を求めるためのセックスなので、セックスをしている間だけは愛を感じられることができる、という人も少なくありません。

こうした症状も精神疾患の一種なので、まずは一人で悩まず医師に相談してみましょう。

<1 2 3