うつ病には他人を頼ることも大切

自分でやらなければ・・・考え方を少し変えて他人のことも頼ってみて

仕事にしても家事にしても、何でも自分でやらなければ気が済まない!という人はとても多いかと思います。

特に自分がこだわりを持ってやっているも物事や、長期間習慣化されている物事に関しては、自分でやらなければ納得がいかない、と思ってしまうこともあるものですよね。

こうした性質は真面目で几帳面な性格の人によく見られることなのですが、あまりに度が過ぎるような場合はうつ病を発症するきっかけになってしまうことがあるので注意が必要です。

うつ病は精神疾患の一種で、一般的にはストレスや環境の変化などが原因で発症すると考えられていますが、生まれ持った性格がうつ病の発症に関わっている場合もあります。

特に真面目な性格、几帳面な性格など、完璧主義の傾向がある人はうつ病にかかりやすいと言われています。その他にも他人から頼まれたことは断れないとか、誰にでも良い顔をして話を合わせてしまうようなお人好しの性格である人も、うつ病にかかりやすい傾向があります。

こうした性格が影響して発症したうつ病を治療する場合には、抗うつ剤などによる薬物療法を行なうことはもちろん、自分自身の性格を見つめ直していくことが必要となります。

しかし、生まれ持った性格はそう簡単に変えることはできませんよね。今すぐに完璧主義を治せ、と言われても無理な話です。そこで皆さんにおすすめなのが、自分一人で頑張らずに他人を頼ってみることになります。

完璧主義の傾向がある人は、何でも自分でやらなければ気が済まないため、一人で頑張ってしまうことが多く見られています。

そうしたことで一人で疲れてしまいストレスを溜め込んでしまう、その状態を繰り返すことによってうつ病を発症してしまうケースは決して珍しいことではありません。

性格上仕方のないことだとは言っても、その性格が影響して発症したうつ病の場合は、自分自身で性格を少しずつでも変えていかなければ、いつまで経ってもうつ状態から抜け出せないままです。

うつ病を治したい、という気持ちがあるならば、周りの人に協力を求める勇気を持ちましょう。

自分がやるべき仕事だとしてもちょっとだけ他人に任せてみるとか、いつもは自分がやっている家事でも他の家族に任せてみるとか、他人を頼ってみることを心がけてみてください。

何でも自分でやろうという気持ちを持つことは良いことですし、周りからの信頼も得られますが、それが負担になってしまっては元も子もありません。

特にうつ病を発症している場合は、負担を増やすことでうつ状態も悪化してしまう恐れがあります。自分一人では無理なこと、どうしてもできないことは周りの人達を頼ってみるよう心がけていきましょう。

また、周囲の家族なども「自分一人で頑張らなくてもいいんだ」と患者自身が思うことができるよう、できる限り協力してあげてください。うつ病の治療には、家族と心の繋がりを持つことも大切ですよ。