サラリーマンとうつ病

厳しい仕事内容との向き合い方に注意して、サラリーマンとうつ病

私達の仕事は人によって様々ですが、毎月一定の給料を貰うことができるサラリーマンは非常に多く見られています。皆さん自身がサラリーマンであることもあれば、皆さんの家族がサラリーマンであることもありますよね。

毎月安定したお金を稼ぐことができるので、家庭の生活は十分に潤っているという場合も少なくありません。しかし、サラリーマンも非常にうつ病なりやすいと考えられているため、仕事に対する向き合い方はよく考えておくことが大切です。

仕事内容は様々ですが、特に営業などノルマが厳しい仕事に就いているような場合は、職場環境やその人の性質によっては心身的な負担が大変なものとなってしまうこともあります。

普段から真面目な性格の人は、仕事に関しても真面目にこなしていくものですが、あまりに真面目すぎるが故に「仕事を完璧にこなさなければならない」と自分で自分を追い詰めてしまうことも珍しくありません。
(⇒一人で完璧を目指さないで他人を頼ってみること

また、ノルマに達していないことから必要以上に焦ってしまったり、上司からの言葉に対して過剰に反応してしまったりして、精神的にどんどん追い詰められてしまうこともあります。

こうした精神的負担が増えていくに連れて、心身的に感じるストレスも大きく膨らんでいきますが、このストレスを上手く発散することでうつ状態に陥ってしまうことを防ぐことは可能です。

ところが、休日は仕事の疲れで何もしたくなくなるとか、趣味を楽しもうと思っても体力や気力が着いていかないなど、仕事による疲れとストレスが休日にも影響してしまうこともあります。

もちろん、疲れている中で無理をして外出することなどはおすすめできませんが、自分が楽しいと感じることにさえにも無気力になってしまう状態が2週間以上も続くとなると、うつ病を発症している恐れが高いと見て良いでしょう。

その他、いつも疲れている、夜眠れない、仕事のことばかりを考えてしまう、食欲が落ちてきた、憂うつな気持ちになることが増えた、自分自身に必要性は無いと考えるようになるなど、長期間精神的にも身体的にも何らかの症状が現れている場合は、すぐに医師に相談することをおすすめします。
(⇒うつ病の代表的な症状

うつ病を専門としているのは精神科や心療内科ですが、最初はかかりつけの内科などで話を聞いてもらうだけでも構いません。

症状によってはうつ病ではなく他の病気を発症していることも考えられますし、いきなり精神科に行くなんてなかなか勇気が出ない、という皆さんも多いかと思いますので、まずは今の症状について医師に相談してみるようにしましょう。

ただし、精神科や心療内科は決して怖いところではありません。皆さんが悩んでいること、不安や恐怖を感じていることについてしっかりと話を聞いてくれる医師がいますから、病院が怖いと思い込んでしまっている皆さんは、家族に付き添ってもらうなどして、病院に行く勇気を出してみることから初めてみると良いでしょう。