うつ病と天気

雨の日は気分が落ち込む、天気もうつ病の症状を強めるきっかけに

今日は天気が良いから気分も良い、今日は天気が悪いから何となく気分が優れない・・・。このように気分が天気に左右されてしまうことは誰にもあることですよね。

しかし、うつ病を発症している場合は気分の差が必要以上に現れてしまうことがあるため、人によってはうつ状態がひどくなってしまうことも珍しくありません。

うつ病は憂うつ感や気分の落ち込みなど様々な症状が長期的に現れる精神疾患ですが、うつ状態の程度は患者それぞれで異なることはもちろん、気分の良い日もあれば気分の優れない日もあり、日によって気分に大きな差が現れることもあります。

気分障害とも呼ばれていることがうつ病の特徴なので、ちょっとしたことがきっかけでうつ状態が悪化したり、気分が良くなったりすることは決して少なくありません。

毎日の天気もその小さなきっかけの一つで、晴れて天気が良い日は比較的気分が良くなる、雨など天気が悪い日は気分が塞ぐ、といったような症状として現れるようになるのです。

このような気分の変化は、うつ病ではない場合も見られるものですし、雨の日に憂うつな気分になることなどは誰もが経験していることでもあります。

そのため、うつ病が要因となって現れている気分の落ち込みも「気の持ちようで何とかなる」とか「天気が悪いくらいでそこまで落ち込むことはない」と見られてしまうことも多いのですが、うつ病の症状はただの気の持ちようでどうにかなるものではありません。

他人から見ればわがままに思えたり、天気が悪いことを言い訳にしてさぼっていると思われたりしても、このような気分の変化はうつ病という病気がそうさせてしまっているので、本人にとっても仕方のないことなのです。

わがままを言いたいわけでもなく、怠けたりさぼったりしたいわけでもないのにかかわらず、天気が悪くなるとどうにもこうにも気分が優れず無気力感に襲われてしまう、この非常に分かりにくい症状がうつ病の特徴です。

他人からはもちろん、自分でもどうしてここまで気分が落ち込むのか分からない・・・と感じてしまうのがうつ病なので、家族や友達など周囲にうつ病を発症している人がいる場合は、決して無理をさせようとせず、症状が落ち着くまで見守ってあげるようにしましょう。

うつ状態に陥っていると人と話したくなくなったり、一人になりたいという気持ちが強くなってりするため、必要以上に構わないように注意してください。

うつ病の人を放っておけない、と思う皆さんも多いかもしれませんが、患者が一人になりたい時は一人にさせることを第一に考えましょう。

だからと言って全てを見捨てるというわけではありません。患者に協力できることは協力する、患者が一人でできることは一人でやらせるなど、状況によって臨機応変に行動することを心がけるようにしましょう。

うつ病の患者と長く付き合っていくためには、周囲の人々のこうした心がけが大切となっています。