仕事でうつ病にならないために

うつ状態の悪化を防ぐためにも仕事における負担を減らすことから

ストレスを感じる事柄は人それぞれ異なるものですが、大人の場合は仕事がストレスの大きな要因となっている場合が多く見られています。皆さんは仕事をしている時どのような気持ちで取り組んでいますか?

楽しいとかおもしろい、と感じながら仕事をしている人はごく少数かと思いますが、少々辛い仕事でもやり甲斐がある、達成感があるなどストレスを感じながらもポジティブな気持ちで仕事に取り組んでいる人はよく見られます。

しかし、中にはどんな仕事に対しても達成感を感じられず、ただ辛さや苦しさだけを感じてしまっている人も多く、ひどい場合は仕事に対する意欲が消えてしまい、無気力感に襲われてしまうこともあります。

こうした症状はうつ病にも繋がるので、早めに対処をしておくことが必要です。うつ病は発症すると治るまでに時間はかかりますが、適切な治療を受けることによって軽度の状態で抑えることができます。

無気力感に襲われる前に、仕事で感じる負担を軽くしていくことがうつ病の予防になりますから、もし今仕事をしていて辛さや苦しさに押しつぶされそうになっているという皆さんがいたら、自分の仕事の負担を少しずつ減らしていくようにしてください。

特に精神的な負担はうつ状態に陥る大きな原因となってしまいます。仕事量の多さにプレッシャーを感じる、仕事をこなせるか不安になる、上司に怒られるのではないかと恐怖を感じるなど、精神的に追いつめられるほどの負担を感じているようであれば、一度その環境を離れてみることをおすすめします。

その段階で心療内科や精神科を受診しても良いですが、まずは職場の環境を変えてみることから始めてみましょう。うつ状態を改善させるためには長期的に休暇を取ることが一番なので、仕事を休んで心身共に休養を取ってみてください。

または、働く職場を変えてみること、同じ職場でも働く部署を変えてみることなど、今いる環境を変えていくことで精神的負担がなくなり、うつ状態が緩和されていることもあります。

そのためには職場の上司や同僚に相談することが必要となりますが、どうしても身近な人に話すことができないような場合は、心療内科や精神科の医師に相談してみましょう。

医師に相談し、うつ病との診断を受けることができれば診断書を書いてもらうことができるので、仕事を長期的に休むことも可能となります。

他の人から見れば「仕事をさぼっている」「仕事をせずに怠けている」と思われることもありますが、うつ病を治療するためには休養を取ることが第一です。

もちろん、仕事を休むことは逃げることだと思ってしまう患者も少なくないですし、仕事に行かなければと強迫観念に付きまとわれてしまう患者もよく見られています。

しかし、こうした考え方を少しずつ変えていき、しっかり休養を取ることができればうつ病の症状は改善していきます。医師や周囲の家族にも協力してもらいながら、うつ病を治療していきましょう。