うつ病

もしかしたら、「うつ状態」治るチャンス逃しているかも?

マンガが大好きだったCさんは、「絵を描くこと」が自分の趣味になりました。
小学校のころはサッカーをしたり、空手をしたりしていましたが、両方とも人間関係でやめてしまったのです。
中学校は、趣味であるイラストを描くことばかりをやっていてあまり勉強などしたりしませんでした。
それと同時に、クラスメイトと話すこともあまりなくなっていきました。
家でゴロゴロしている所為で体重も多くなり、学校で話す友達はいつも決まった2~3人、休憩時間の度に絵を見せ合ったりしていました。

家では、父親の暴力や怒りが待っている生活でした。
学校の成績が悪かったりすると、すごく怒ったりして、ご飯抜きやおもちゃの没収、目の前で無理やり勉強をさせられると、いいことは全然ありませんでした。
自分の部屋がないので、趣味の絵を描くこともできずに、ただ、ひたすら言われたとおりにするだけでした。

そんななか、中学校の男子生徒がCさんをとてもからかって笑いモノにしました。
それからというもの、Cさんは父親や男子生徒の所為で男性恐怖症になり、学校へもあまり行かないようになってしまったのですが、
父親がそれを許してくれるはずもありません。
「お腹が痛い」、「しんどい」…など、ことあるごとに学校を休む理由をつくったのですが、父親は「そんなことで休むな。熱があったら学校を休ませてやる」と言って
Cさんを学校へ行かせていました。しかし、Cさんはどうしても嫌なので、布団の中へもぐり、
ゴハンも食べず、お風呂も入らず、ずっと、何日も布団の中にもぐり続けたのです。
そうこうしている内に父親の暴力がどんどんひどくなっていき、ついには母親から離婚することになったのです。

それを聞いたCさんは、もちろん母親の方へ引き取られ、2人で生活をするのですが、
その時にはすでに生きている上で何もいいことがないと、人生を楽しむことに諦めていました。

ほとんど学校へ行かずに中学校を卒業しましたが、母親がお金がないのでCさんが就職をすることを考えて、
普通科全日制の高等学校へ行かせることにしました。
母親は環境が変わったら、少しは学校へ行ってくれるかな?と考えたのです。

ところが、中学校時代の男子生徒からの嫌がらせを思い出してしまうので、やはり、高校も行かなくなってしまいました。
学校の先生から「単位があるから来ないとだめですよ」と励ましても、出ようとしません。
ついには、ストレスとご飯を食べないことで、体重も60kg台から40kgあるかないかまで落ちてしまいました。

ある日、少しだけでも高校へ行ってもらおうと母親に連れて行かれたのですが、その1日で一応仲が良くなった友達がいました。
その友達はG君という男子なんですが、他の男子生徒と違ってとっても落ち着いているのです。
しばらくしてから、常にG君と遊ぶようになったので、みんなから「付き合っている」と冷やかされたりしていました。
しかし、G君は冷やかしには乗らずに、いつも上手くごまかしていました。
G君は、責任感が強く、部活もやっており、勉強も頑張り屋さんでフレンドリーなので男女問わずとても人気がある人でした。

Cさんは人見知りで自分から行動するタイプではなかったのですが、G君が色々な所へ遊びに連れて行ってくれるので、色々な体験をたくさんしました。
その先々で知らない人と話したりしますし、学級委員なども一緒に立候補しようと誘ってくれたり、G君と仲が良い運動部の人と話したりしていたので
人と話すことに免疫が付き、クラスのみんなとは話せるようになったのです。

G君は、さらにG君が既に働いているアルバイト先で一緒にバイトをしようと誘われました。
初めてのバイトで面接も受かるかわからずに、ドキドキしていたのですが、1発で受かり、一緒に働くことになりました。

他の人に「何かをしろ」と言われてもやる気が起きなかったし、自分から行動しようとは全然思っていなかったCさんでしたが、
G君のおかげで1歩踏み出すことができました。
別の言い方で言いますと、G君が話しかけてきた時にCさんがきちんと会話をしたおかげで
自分自身で克服できたのです。

現在は、G君と一緒に暮らしているようです。

あなたが「うつ病」だと思っているモヤモヤ、違うかもしれません

中学校のころにBさんは、上手く周りの友達に馴染めずにいました。
それは、Bさん本人が「性同一性障害者」であったためです。
小学校までは男女問わずに遊びますが、中学校の思春期真っ只中では遊ぶ相手も男女別になってきます。
そのため、女子の中に混じっていても、なんとなく雰囲気的に違和感を感じており、小学校までは元気いっぱいだったBさんも
その名残から友達と話せないことはありませんが、趣味が合わなかったりして会話が合わず、
全然友達と馴染めないでいました。

そんな中、Bさんはタバコが大嫌いなのですが、両親はヘビースモーカーであり家の中ではいつも父親とBさんの口喧嘩がありました。
Bさんがどんなに父親に換気扇の前でタバコを吸ってほしいなどと言っても、全然聞いてくれないどころか、Bさんに「生意気だ」と逆に怒ったりしていました。
学校でも上手くいかず、家でも上手くいかず、Bさんは人生に疲れてしまい、どれほどタバコに害があり、危険なのかを自分の体で証明しようと、
父親のタバコを1箱自分の部屋に持ち帰り、タバコの箱の中身を全部食べようとしました。
タバコには有害物質という悪い成分がたくさん入っているので20本分のタバコが体の中に入ってしまうと死んでしまいます。
その時、母親に見つかって止められ自殺を阻止されました。

それからなんとなく月日が流れ、高校に入学したころには、とあるSNSサイトにハマっていました。
顔も知らない相手と話すのは大丈夫か心配でしたが、ネットにて自分と同じ趣味の人をみつけて話すことはカンタンで
すぐに打ち解けて話してしまいました。
Bさんは何も習い事をさせてもらえなかったのですが、家にピアノがあり、ゲームの音楽などを
自分の耳で聞いてピアノで音を出して…という風にして独学でピアノを学んでいきました。

それからというもの、「直接人と話したり、教えてもらう」ということよりも、「自分で好きなことを好きなように学んでいく」ことを覚えてから
どんどん新しい知識を身に付けていきました。人と会話をするのが苦手だったので、家にいる時間も長く、
練習する時間はたくさんあったのです。ですが、独学というものにも限度があることを高校生で知りました。

高校生になってから、また新しい女性用の制服を着ることになりました。
「格闘技ができたらかっこいいだろうな」と昔から思っていたのですが、100円ショップに販売されているおもちゃの剣やエアガンを使って
マクラを立てておき、敵のように見立てて遊んでいたこともありました。
高等学校には「少林寺拳法」という少し変わった格闘技の部活がありましたので、「どんな感じか見て、家に帰って練習しよう」と思い見学にいきました。
しかし、思っていた格闘技とは違かったので、すぐに見学をやめようとしていたのですが、先輩たちの「入るでしょ?」という言葉に押されて入部することになってしまいました。
運動部に入っていないかったBさんはとてもしんどかったので、いつも「辞めよう」と言っていました。
ところが、そんなことを言いながらも高校3年間部活動を続けました。

その中で、自分が性同一性障害であることがわかり、具体的な戸籍変更までの手順もはっきりしてきました。
そのことがわかったのが高校3年生のときでしたが、その時には、自分の今までのモヤモヤがすっきりとしていて
どんどん積極的に人と話せるようになりました。
たまに、とてもしんどいことがあり、しんでしまえば楽だ…と考えることもあるようですが、
なんで「自分が死ななきゃならないのか。めんどくさい、相手が死んでしまえばいいのに」と思うようになりました。
今は厳しくても、必ず良い方向に進む「気」さえしてきたようです。

それは、少林寺拳法をしている人の人格形成の教えと、必ず続けていれば、何に対しても結果がでてくるということを
自分のピアノの独学で知ったのです。

それからというもの、好奇心が旺盛になり、何に対しても積極的であり、
自分の頑張っている結果を見て欲しいという願いまでもつようになりました。
今では、自分でHPを作って「性同一性障害者」に対する相談をする場所を設けているようですよ。

相談機関は利用しにくくても、もっと手軽に他人とお話できます!

うつ病というのは、一回かかってしまうとなかなか治らないものです。
ですが、「絶対に」治らないわけではなく、病院に通っている人も通っていない人も関係なく
治っている人も大勢います。
確かに治ってしまってからも思い出してしまい、またうつ状態になるときもありますが、
中には、治ってからずっとかかっていない人だっているんです!
では、どういった人たちが治っているのでしょうか?

とあるAさんは、7年付き合った彼氏と別れてしまってからリストカットをしてしまいました。
しかし、元彼氏の方も7年間付き合いながらも、
すぐに怒ったり、毎日500mlの缶チューハイのお酒を2本飲んでいるところ、「死にたい」や「しんどい」が口癖なところ…
これらが嫌になってしまっていたので、いつかは別れ話をしなければと思っていたようなのです。

Aさんは、離婚をしており、原因が家庭内暴力でしたし、子供が引きこもりでした。
こんな大変な中、彼氏だけが生きがいで日々を過ごしていたのです。
しかし、元彼氏は好きな人が現れたため、このチャンスに別れたのでした。

元旦那さんはもちろんですが別居しており、お子さんもニートですが彼氏の家で一緒に暮らしていました。
金銭的補助も受けていたAさんは、これからの生活費や子供の奨学金の返済のことを考えて心がいっぱいになり、
肘の裏側をリストカットをしてしまったのです。

その後、なんとか元旦那さんとお子さんに励まされてリストカットをやめましたが、精神科の受診は拒みました。
お子さんなどには「私の精神が異常だというの!?」と言って、またヒステリックになったりしていました。

そんなAさんは「彼氏」という話相手がいなくなったので、また、悪い方向にどんどん考えてしまっていたのですが、
お子さんも別居しているし、一人が嫌になったAさんはSNSサイトに登録してみたのです。
普通のSNSサイトというと、ゲームをしたりするところや、よくあるのが出会い系サイトなど、
大丈夫なのか大丈夫じゃないのかわからないサイトがたくさんあります。
その中で、某有名サイトの口コミを調べて、とても有名だし悪い出会い系サイトではないと思って思い切って登録しました。

その中で見つけたFさんはとても優しい人で、ちょうど離婚をしたところだったそうです。
メールのやりとりですぐに仲良くなり、電話もした後、「会ってみない?」と言われました。
お子さんなどやお友達に相談をすると止められましたが、寂しさのあまりどうしても抑えきれずに会ってしまいました。

しかし、会った男性はとても良い人で、気づかい、思いやりのもった心やさしい人でした。

そんなFさんに惹かれたAさんはその後もしばらくメールや電話をしました。
その時には既に、「うつ状態」は消えていました。

その後、付き合ってFさんの一軒家の家に一緒に住むことになったのです。

そのFさんとの出会いが「うつ状態」を消し去ってくれました。
もしかしたら、そんな心やさしい恋人に出会わないと治らないと思っているかもしれませんが、
一人になると考え込んでしまうタイプの人は、安心できるSNSサイトを調べて、話し相手をつくるのも一つの手です。
実際に会うのは本当に危ないですが、メールのやりとりは顔も知らない人なので話しをしやすいのではないでしょうか?
コミュニケーションに不安があっても、気軽に話せるSNSサイトも、こういう場合はあなたの力になってくれるかもしれません。

うつ病の原因をハッキリさせることは可能なのか。

原因を知ることの重要性と、その原因を見つけていく際に知っておくと良いからだの情報などを紹介していきます。

うつ病で薬は本当に必要?必要な場合とそうでない場合

うつ病の治療をしていく時の薬の存在の紹介と、薬はうつ病に効果があるのかどうかを紹介していきます。

自分がうつ病かどうかハッキリさせることは意外と難しい

うつ病かもしれないと思った時に、対処をすることが大切であるが、気付くこと自体が難しい事もあるということを紹介します。

うつ病の実態は何?周囲の人に理解してもらうには

うつ病が社会的に認知されるようになっているが、周囲の人から理解されることはまだまだ少ないケースが多いという流れで、その解決策などを紹介します。

うつ病の人に「頑張れ」の掛け声は本当によくないの?

[頑張れ」と言う言葉の意味を紹介しつつ、うつ病の人にとって「頑張れ」と言う言葉がどのような意味をもってくるのかを紹介します。

うつ病の原因をハッキリさせることは可能なのか。

どのような症状も原因をハッキリさせていくことによってアプローチの仕方が明確になり治療へと大きく前進していくことができます。そのため原因を解明していくことは非常に重要なことになっていきます。

うつ病の場合も基本的には変らないことになります。原因がわかればそれだけどのようなことをした方が良いのか、どのようなことは避けるべきなのかをハッキリさせることができます。

しかしうつ病の場合そう簡単に原因が何なのかハッキリすることはあまり多くありません。原因をハッキリさせようと思っても、だんだんと混乱してきてしまい、多くのことが原因のように思えてしまうこともあります。

また自分を責めてしまうきっかけを作ってしまうこともあります。誰かに話をするときにも原因をしっかりと解明できるような話ができるかどうかというのはなかなか難しいものがあると言えます。そのためうつ病の原因をハッキリさせることは難易度が高いことが多いと言えます。

一見、原因だと思えるようなものが実は関係なく、違うことが原因になっているということもあり、複雑に絡み合っていることもあります。原因が何か、どのようなことが症状として出てくる可能性があるのかを調べていくうちに、疲労がたまってしまい、疲れきってしまうということもあります。

原因をしっかりと解明するよりも、先ずはしっかりと休むことが重要になることもあります。また自分の周囲の環境や自分自身の見方や考えかたがどのようになっているのかを理解するということが必要になることもあります。

うつ病ではなかったという場合でも、精神的な疲れが溜まりすぎてしまうと、気力や活力が全くわいてこないということはあります。そのような時原因を突き止めるという元気は当然なくなり、やろうと思ってもできないものです。

原因がわかる事に越したことはありませんが、必要以上に原因に固執することは時に、疲労へとつながってしまうことになります。どうしても原因が知りたいといような場合は、自分ひとりで考えようとせず、信頼できる人や、うつ病に対して深い知識を持っている専門家などに話をしていくことが良いでしょう。

話をしていくことで楽になることもできれば、分析をしてくれることで自分では気付けなかった部分に気付ける事もあります。

うつ病や精神的な病に対してはっきりとした答えを求めようとしても難しいことが多いです。原因もそれと似ている要素があると言えます。考えてもわからない時は、協力を求めることも重要です。

うつ病で薬は本当に必要?必要な場合とそうでない場合

うつ病の池沼方法の一つに服薬があります。うつ病に限らず薬による治療はその時の状態を緩和させたり、あるいは治療へと導いてくれる存在となります。体の抵抗力を高めてくれるものもあれば、本来体には存在しない物質を取り込んで、弱った体の援助をしてくれることもあります。薬は効果的に利用できれば非常に体も心も楽にしていくことができることになるでしょう。

うつ病でも薬の存在は大きなものがあります。しかしうつ病の薬を利用する時、あまり利用したくないという声も大きなものがあります。依存してしまったり、あるいは効果がなかったときの不安を感じたくないというようなさまざまな思いがそこにはあります。

うつ病に対して薬はあまり効果がないと考えている人も存在し、うつ病と薬の関係というのは非常に深いものがあると言えるでしょう。

うつ病で薬は飲まない方が良いのかという事に対して、はっきりと「イエス」と答えることはできません。薬はやはり急性的な症状を抑えたり、体の調子を本来のものに戻そうとする力を発揮するものであり、服薬をすることで楽になれることもあります。

しかし時にうつ病での服薬が害をもってしまうことがあるのも事実です。それは薬がないと過剰に不安になってしまったり、だんだんと効果を実感できなくなってしまうことからくる大きな不安感などを覚えてしまうこともあると言えるでしょう。

効果にも個人差があり、かなり効く人もいれば全く効果がない人もいます。薬を利用しないでうつ病を治すという方法も世の中にはたくさんあります。しかし、そこで勘違いをしてしまわないように注意が必要です。薬を利用しても利用しなくても、うつ病がすぐに良くなるということはありません。

調子を崩した内臓を元の状態に戻そうと思った時、すぐにもとの状態に戻らないのと同じであり、心の症状もすぐに元に戻ることはありません。大きなストレスに対して心そのものもしっかりとそれに対応しようと力を尽くしていきます。

それが長期的に渡ることでストレスになってしまい、またもとの状態がどのような状態かよくわからなくなってしまうこともあります。それを出来るだけ元に戻していく過程で薬を利用するか利用しないかという差だけとなってきます。

考え方などを変えることで、心を落ち着かせることができるようになる場合もありますが、非常に苦しくなってしまったときなどには薬の方が効果があることが多いとうのが事実となります。治療の時にはしっかりと医師、または信頼できる看護師、カウンセラーなどの医療に関わる人と話をしていくことが大切になります。