うつ病

精神科か心療内科 うつ病は通いやすい病院を選ぶべし

怪我をしたように血が出ているわけでもなく、鼻水や咳が出ているわけでもない、うつ病とはどんな病院、どんな科にかかればいいのか、よくわからないという話を聞きます。漠然と、精神科や心療内科、神経科?…などそれらしい名前は挙げられるかもしれませんが、どれも似たような感じがします。どこが適切なのでしょう。

当然、これらの科は違いがあって然るべきであり、うつ病は、精神科が専門となります。うつ状態や軽いうつ病であれば、心療内科で扱うところもありますが、重度のうつ病になると精神科を紹介されることが多いようです。

最近は、便利さや迷いを無くするようにするため、精神科と心療内科とで区別していない病院もあるようですから、最初は、とりあえずどちらにかかっても問題ないでしょう。最初にかかった病院で適切なアドバイスをしてくれます。ここで、神経内科は、一見それらしいですが、うつ病を扱ってはいないので注意が必要です。

また、病院の規模ですが、いろいろな考え方があると思いますが、大型病院よりも診療所やクリニックという看板をあげている病院をおすすめします。やはり、小さければ丁寧できめ細かい対応をしやすいのです。患者さんの数が多くなりにくいため、一人ひとりの患者さんの顔が見えやすいからです。大型病院は医師の勤務日が曜日ごと異なっていたり、非常勤医師であったりと、患者にとっては不都合が多いでしょう、また、大型病院のように研修医などが見学に来ることも少ないので余計な心配は不要です。

具体的な病院選びですが、いまではインターネットで有名な病院などを検索しやすくなりました。しかし、安易にそれら情報を信用することは危険かもしれません。通いやすく負担をかけないためには、まず、近所の病院にかかってみることです。やはり、うつ病の治療は継続することが重要ですから、通いやすい近くの病院が適しているでしょう

うつ病も 生活に支障を来す病 診断書と認定基準クリアで障害年金

障害年金とは、何らかの病気やけがによって、ある一定の障害を有することになった人に対して支給される年金です。受給にはいろいろな条件がありますが、実は、「うつ病」でも認定基準を満たせば受給できるケースがあります。

躁うつ病やうつ病などの気分障害について、障害年金の認定基準は、厚生労働省により定められています。認定は、1級、2級、3級と分けられ、それぞれに認定基準があります。3級は、気分や意欲、行動において障害と思考障害の症状があるものの、著しい症状ではなく、ただし持続や繰り返すことから労働が制限を受けるものとなります。

また、2級は、おなじく気分や意欲、行動において障害と思考障害の症状があって、かつ、持続と頻繁に繰り返すために、日常生活が正常にできないものとなります。1級は、これらが高度の症状となり常に介護が必要となる重度なものとなります。

これらの認定に当たっては、いろいろと考慮しなければならない点も定められています。躁うつ病では、躁とうつの時期を繰り返すものであるため、現在生じている症状だけで認定することは不十分です。症状の経過と日常生活の状態を十分考慮する必要があります。

また、日常生活の能力ということの判定についても、いろいろな機能や障害を考慮の上で社会的な適応性の程度によって判断されます。

あくまで、このような認定基準があるという話ですが、実際には国民年金か厚生年金、取り扱う認定機関は、各都道府県で異なることから認定の基準については差異があるようです。

認定されるには、医師の診断書が必要となりますが、認定を受けようとすると、前述した認定基準に対応した的確な診断書が必要となるわけです。当然、うつ病等の症状を日常生活から長い時間をかけて理解してもらえている医師に診断書を書いてもらうことが最適です。

身体の不調のその裏には?うつ病が隠れている 仮面うつ病の正体は

「心の風邪」と呼ばれている「うつ病」は、誰なってもおかしくない病気です。ただし、風邪と言っても、普通の風邪のように数週間で治るわけではなく、治療を始めてももとの元気、正常な状態に戻るまでには時間を要してしまいます。重症になればなるほど、やっかいになるため、早期発見と早期治療が重要になります。

しかしながら、「うつ病」であるにもかかわらず、実際には病院を受診していない、そもそも自分では気づけない、ということが多いのです。日常でもよくある症状であることが多いため、それがうつ病の症状であると気づくことができないのです。

うつ病は、当初、うつの状態である気分の落ち込みなどは、さほどはっきりと現れません。その代り、頭が痛い、肩がこる、胃が痛むといった形で、身体的な症状が現れることがあります。うつ病は、その症状によっていろいろな呼び方がありますが、この場合だと「仮面うつ病」と呼ばれます。

仮面うつ病の症状には、頭が重い感じ、胃がもたれる感じがあるなどの不快感、頻尿、便通が良くない、肩こり、めまい、身体の倦怠感、性欲がない、食欲がでないといったものが特徴的です。とにかく、身体に現れる症状を訴えることが多く、これらの症状がいくつも同時に現れられやすいのです。

このような身体の症状があるその裏で、精神的なうつ状態やうつ病が存在している、ということから「仮面うつ病」と言われるのです。単に隠れている、という点で済めばわざわざ「仮面うつ病」などと名付ける必要もないのですが、この仮面うつ病は、少し厄介なのです。

つまり、身体の症状として現れてしまうことから、実は精神的なうつ状態やうつ病が発症していても気づくことができず、効果的なうつ病の治療が遅れてしまうのです。「よくある肩こりだから病院には行かなくても大丈夫」などといって、病院になかなかかからずにいて、しかし、いよいよ辛いことから病院に行ってみると実は「うつ病」だったということになるわけです。

うつ病の克服には とにかく休養 家族の協力 薬に心理的療法が基本

うつ病は、早期発見、早期治療が効果的ではありますが、なかなか自覚症状に気付きにくく、周囲にもわかり難い病気です。実際にうつ病にかかり、そして克服された方の体験記に目を通してみると、病院には通っている、薬を服用しているが、なかなか回復しない、効果が現われない、効果のある具体的な克服法はないものか、といったことが、最初に立ちはだかる壁のようです。

うつ病は、精神的な完全な「病気」です。気分の持ちようだとか、頑張るだとかということで治療できるものではありません。私たちの感情や気分は、脳のなかで色々な成分が分泌されることでコントロールされます。うつ病は、このシステムの過程で、例えば、やる気の出る分泌が十分ではない、といったように機能障害が出ているとも言われています。つまり、意思や意識でどうにかなるものではないということです。

うつ病を克服するためには、「十分な休養」「薬による治療」「精神的または心理的療法」「周囲の家族や会社、友人の協力」が、基本となります。やはり、うつ病は症状が多岐に亘り、本人も気づかない、自覚症状がない、病状がわかり難いという面を持つため、その克服方法、いわゆる治療法についてはあいまい、軽視しがちになるかもしれません。

しかし、うつ病である以上、前述した克服の4要素は基本であることに間違いないと言えますから、まずは、その要素と向き合うことが第一歩となります。うつ病を取り扱う病院というと、心療内科や精神科となります。精神科となると、もしかすると抵抗があるかもしれませんが、前述したとおりうつ病の克服には、病や克服法の基本に向き合うことが大切ですから、その最善の方法を考えるために必要な病院ということで理解が必要です。

うつ病は、たとえばガンと同じように、早期発見・早期治療が効果的でありとても重要であることは間違えありません。自覚症状がわかり難い病気ですから、専門医や専門カウンセラーにかかることがとにかく重要です。

精神科で抗うつ剤や抗不安薬を処方してもらうか、心療内科でカウンセリングの方向で治療を進めるか、などの治療方針をはじめ、自分一人で考えて治療を進めることはなかなか難しい病気でもあるため、病院と一緒に治療にあたることがまずは最善の一歩といえます。

このようなことを踏まえ、十分な休養や規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、軽い運動なども行いながら少しずつ少しずつ、周りの協力を得ながら前へ進むことが大切です。

ホンとにうつ病?家では元気に 新型うつ病 現代型うつ病

これまでに一般的であった「うつ病」は、抑うつ気分が朝方に現れるケースが多い、なんでも自分を責める傾向にある、食欲が無い、不眠といった症状を伴いますが、最近では、時代の経過と社会環境の変化とともに都会を中心として、新型うつ病、あるいは現代型うつ病と言われる新しいタイプの「うつ病」が急増しています。

新型うつ病は、朝方ではなく夕暮れに現れることが多く、自分ではなく誰かほかの人を責める、寝すぎたり、食べ過ぎるというようにこれまでのうつ病とは真逆の症状が現われる特徴があります。

勉強中や仕事中は、仕事が手に付かないほどの憂うつな気分になるものの、家に帰るなど仕事や勉強から離れると外出や好きな趣味などに集中できます。つまり、自分のしたいことをしているとき、自分の好む環境や状況にあるときは調子がよく、それ以外では抑うつ状態になるわけです。

また、他の人から発せられた言葉に大変傷つきやすくなる傾向にあります。例えば、仕事のなかで上司や先輩から受ける部分的な指摘や訂正について、全人格を否定されたかのように感じ、ついには会社を休むまでになるケースもあるようです。化粧の仕方や髪型、行動などについて何か触れられると、極端に被害妄想をもつなどし人間関係を断ってしまいます。

新型うつ病は、このような原因により社会生活における正常な機能が低下し人間関係などに支障をきたします。そのため、不安や焦燥感、孤独感が目立ち、そのやりどころのない気分を紛らすためにリストカットや衝動買い、ギャンブル、性へ依存するようになります。

新型うつ病には、従来のうつ病にある抑うつ気分や死にたいという気持ちはあまり表れてきません。倦怠感、虚脱感、疲れやすさなどを感じます。また、プライドが高くそれを守りたがり、特に人の評価を極端に気にする傾向にあります。

原因は、本人の気持ちや心構えなど内的なもの、周囲の環境や人間関係など外的なものが複雑に絡み合うことにあります。仕事中はうつで休日は元気になるという表面だけを捉えれば、会社や職場の環境が原因であると感じます。しかし、本当は、本人の心構えに原因があることが多く、配置換えや転職を行いいくら環境を変えても改善しないことも多いようです。

何ともない元気が良い!と思ったら急に元気なし。躁うつ病は双極性

「躁うつ病」は、うつ病と同じ病気と思われるかもしれませんが、医学的な見方では、病の分野は同じものの「うつ病」とは全く異なる病気になります。「躁うつ病」は、躁の状態とうつの状態を繰り返すもので「双極性障害」と呼ばれています。対して「うつ病」は、うつ状態のみの症状であり「単極性うつ病」と言われます。

躁の状態とは、気分がハイ状態のことをいい、うつの状態とは気分がローの状態を言います。つまり、躁うつ病とは、気分や感情が激しく大きく変化することを繰り返す病気です。一般的に「気分が変わりやすい」とか「気分屋さん」と言われるような状態がありますが、この程度のものとは全く異なります。

普通の感情の変化に比べると、躁うつ病の変化はその数十倍以上にもなるといえます。躁の時は、気分がハイの状態ですから、自分では調子が良く、しかし、コントロールができません。調子が良いため、病気であることの認識がないため、周囲から病気であることを指摘されても、治療等は拒否します。

一方、うつの状態に変わっていくと、躁の状態の調子の良い時を思い出し比較してしまうため、自己嫌悪や貧困妄想、被害妄想などが現れ、将来を悲観しはじめます。時に自殺を図ることもあります。

周囲の人から見れば、ある時は調子の良い状態があるわけで、ときにうつの状態があったりするため、気分屋だとか、意志が弱い、怠け者といったように見えてしまいます。しかし、躁うつ病は、本人の意思でそんな気分になっているのではなく、脳の神経伝達が異常であるために引き起こされる病気なのです。

この病気の原因は、何らかの遺伝と言われてはいますが、躁うつ病の親から生まれた子供が発病する確率は、10%程度であり遺伝であるとは言えません。あくまで、遺伝する体質を持つ子供が10%程度あるということであり、躁うつ病になる、ということではありません。加えて、やはり心身の疲れの蓄積やストレスなどが関係しているとも考えられています。

うつ病の治療 十分な休養、薬の服用でとにかく疲労から遠ざけること

うつ病は、「心の風邪」と一般的な風邪に例えて言われるように、その症状は、日常生活でありがちな普段の状態とあまり変わらないためわかり難い病気です。精神、気持ちの上で症状に現れるものとしては、気分が落ち込む、悲しい、不安である、朝の気分が悪い、イライラする、感情が抑えられない、感情がわかない、自殺を考えるなどがあります。

また、思考的な部分での症状として、考えがまとまらない、集中できない、動くことがつらい、何においても自分が悪いと思ったり、人にそう思われていると感じる、劣等感、悲観的に考える、不幸だと感じるなどがあります。身体に現れる症状もあり、睡眠障害や手足のしびれ、めまい、肩こり、吐き気などの症状もうつ病の症状としてあげられます。

このようにうつ病の症状は非常に多岐に亘るため、どのような治療法が適しているのかは、一見、非常にわかりにくいと思われるかもしれませんが、少なくともうつ病は治る病気です。うつ病に対する理解と適切な治療法を用いることで治すことができるのです。

治療にあたっては、まず、その原因がどこにあるのかを理解しなければいけません。うつ病の原因は「精神的な疲労の集中と蓄積」ということになります。つまり、いろいろな症状で現れますが、その原因は精神的なもの、脳にあるということです。

症状が多岐に亘るため、その症状やその人の性格などにより治療法は様々になると思われますが、一般的な部分でいう治療は、抗うつ薬を主として薬物治療が主体となります。ただし、あくまで精神的な病気であるため、診察の所見や治療方針、薬のことなどについてきちんと納得できるように説明をしてくれ、その説明もうつ病患者に適切なものであるなど、信頼できる医師にかかることが非常に重要になります。

また、うつ病の治療としては、うつ病は「精神的な疲労の集中と蓄積」ということから、十分な休養をとり心身ともに回復させなければいけません。心、頭の中でゆとりができるように、仕事のペースを落としたり、休暇を取ったりすることは大変重要です。

このように、薬物治療以外の部分になると、日常生活の環境に深くかかわるところですから、周囲の理解と協力が必要になります。特に、家族の理解と協力はとても大切です。会社に出勤しながらの治療となれば、同僚や職場の理解と協力が必要になります。いずれにしても、身近にいる家族がリードしてあげることが必要になります。

うつ病の原因は 精神の疲れが暇なく集中 そしてそれが蓄積

普通の日常生活のなかでも、怒られたり、悲しいことがあって気分が落ち込むようなことがあれば、憂うつになることはありますね。そもそも、「うつ」とは憂うつな気分のことを言います。

健康な状態であれば、たとえ憂うつな気分になっても、時間がたてば、翌日には気分が回復していたり、楽しいことがあれば忘れてしまったりするものです。しかし、この憂うつな気分が回復する間もなく、更なる憂うつになるようなことが続くと、精神的な疲労が蓄積され、「うつ病」となるわけです。このようにうつ病の原因は、疲労が集中し更に蓄積することと言えます。

精神的な疲労、いわゆるストレスとはどんな時に生じるのでしょう。もっとも、大きいストレスと思われるのは、環境の変化に対応する時です。たとえば、入学や入園、進学や就職、転校や転職、結婚、引っ越し、妊娠や出産、家族構成の変化など、中にはおめでたく良いこともありますが、良くも悪くも「変化」すること自体がストレスになるのです。

つまり、決して悪いことばかりではないのに、変化があるゆえにかかってしまうのが「うつ病」の怖い部分になります。前向きなことのはずなのに、そこにはうつ病の原因が隠れているのです。

日常生活の様々な変化に適応しながら生きているわけであり、人間はその変化への適応に大変なエネルギーを費やします。このエネルギー消費に対する回復が間に合わないために、「うつ」な状態が発生し、それが蓄積されると「うつ病」という病になってしまうのです。

病の治療には、その原因をはっきりさせることが重要になりますが、うつ病に関しては、精神的な疲労という範囲で非常に多岐に亘るなかに原因があるため、治療は容易ではありません。専門医を受診したり、カウンセリングを受けて、原因を明らかにして適切な治療を受けることが大切です。

うつ病はひとつだけじゃない 真逆の症状現る非定型うつ病にも注意

「うつ病」とは、気分が落ち込んだまま気力が無く、日常生活が正常に遅れないほどになる心の病気です。気分の症状にはじまり、身体的な症状や思考の上での症状が出ます。つまり、うつ病の症状としては、決まりきっていないため、なかなか気づきにくい特徴があります。

「うつ病」には、典型的なものと非定型のものがあります。典型的なうつ病は「メンコラリー型」と呼ばれ、嬉しいことがあっても気分は落ち込んだまま、食欲や性欲が無い、眠れない、自分を責めてしまう、集中できない、考えがまとまらないなどの症状です。

一方、非定型うつ病というものがありますが、これは、特に症状に気付きにくいものになります。嬉しいことがあると気分が極端に良くなるなど感情が反応的、過食による体重増加、10時間以上寝てしまうなど寝すぎる、疲労感が重い、他の人の批判に過敏になり、一言が非常に気になる、それにより気分が落ち込みやすい、夕方から夜になると気分が落ち込み泣いてしまうことがある、などの症状があります。

典型的なうつ病と比べると、感情の反応や食欲、睡眠が全く逆の症状になのです。20代~30代の女性に多く、パニック障害も併発することもあります。

前述したように、他の人の批判に過敏になることから、親密な人間関係を気付けなくなったり、人間関係に気を使いすぎてしまうといった日常生活の支障が考えられます。

非定型のうつ病は、対処法も典型的なうつ病とは正反対です。典型的なうつ病では休養が第一といわれますが、非定型では毎日昼間は目的を持った活動が重要となります。規則正しい生活で生体リズムを整えること、毎日目標をもって過ごす、掃除などで整理整頓に心掛ける、体調が良ければ汗を流す軽い運動などをする、といったことが重要となります。

典型的なうつ病か、非定型のうつ病かを適正に見極めることは難しいかもしれませんが、この見極めは、その人の早期回復に大変重要なことです。うつ病における基礎的な知識を理解するとともに、カウンセリングや専門医に診てもらい適正な見極めをすることが重要となります。

うつ病の人との接し方 聴いて受け入れ共感 病への理解が大事

「うつ病」とは、立派な病気です。一般的に、うつ病の人には「頑張れと励ましてはいけない」「関心は持て」などと言われますが、実際には、どのような言葉をかけたら良いのか、もしNGな言葉をかけてしまったらどうしよう、と対応に困ります。

そもそも、「うつ」という状態は、普段の気持ちの状態にあるものです。悲しいことや悔しいこと嫌なことがあれば「憂うつ」な気分になるものです。しばらく時間が経過すれば、この憂うつな気分も解消されます。

しかし、憂うつな状態が数日経過しても解消されない場合は病的な「うつ」となり、さらに重度になると脳の病気としての「うつ病」になり専門医による治療が必要となります。

うつ病の人と接するには、まず「うつ病」の基本的なことを理解しておく必要があるでしょう。意欲の低下、思い憂うつ感、悲観的絶望的な思いなど気持ちの上での症状、眠れない、食欲が無い、性欲減退、頭痛やめまい、肩こりなど身体的な症状、死にたい、考えがまとまらない、集中できないなど思考の上での症状が「うつ病」でよくみられます。

これらの症状は、あくまで「うつ病」という病の症状であり、その人の性格や精神的な弱さから現われているものではない、ということをしっかり理解しましょう。つまり、これらの症状をとって、その人を責めたり、変わってしまったなどと突き放すのは間違いです。

うつ病になりやすい人は、まじめで能力があり、責任感が強い人ですから、今現在はうつ病であっても、もともとの人柄を考えれば、うつ病が治ればもとの問題のない状態になるはずだと信じる様にすることが重要です。

以上を踏まえ、うつ病の人と接するには、次のことに注意しましょう。まずは、その人の話を良く聴き、理解し、共感することです。どんな感情を持っているのか、という点に関心を示すようにし、自分自身の感情を乱すことなく常に冷静に話を聴きます。病んでいる部分を指摘するのではなく、良い部分、健康である部分を指摘します。

また、休養をしっかり取るように勧め、しっかり治療して良くなるようにと促し、決して叱咤激励的な声掛けはしないようにします。早く元気になって待ってますよ、といった声掛けは(うつ病の人が)自分を追いこむことになります。希望を与えるような声掛けや、不安や絶望を緩和させるような声掛けが必要です。