うつ病

うつ病の改善にも繋がるそれぞれの性格や他の疾患についての理解

端からは同じように見える「うつ病」という病気でも、患者それぞれ現われる症状は異なりますし、症状の程度にも差があります。

さらに患者によってはうつ病以外の精神疾患を併発していることもあるため、うつ病以外の治療についてもよく考えていかなくてはなりません。

もちろんうつ病を治療する期間もそれぞれ違いますし、自宅で薬物療法を行なう場合もあれば、病院に入院して治療を行なう場合もあるので、まずは医師の指示に従って適切な治療を受けることが重要となっています。

また、うつ病の治療には家族など患者の周りにいる人々の協力も欠かせません。うつ病は一人で治すことができる病気ではありませんし、医師から処方された薬を服用していれば治る病気というわけでもありませんから、家族の皆さんも患者がうつ状態から抜け出すために精一杯協力していくことが大切です。

そこで家族の皆さんにお願いしたいのが、患者の性格に対する理解です。

一般的にうつ病はストレスや環境の変化といったものが発症原因と考えられていますが、患者それぞれの性格もうつ病の発症や悪化に関わっているため、性格に対する理解を深めることでうつ病の発症を防いだり、症状の悪化を食い止めることも可能となっているのです。

特にうつ病を発症しやすいと言われているのは、真面目で几帳面な性格の人、完璧主義の人、周りの目を気にしすぎてしまう人、誰にでも良い顔をしてしまう人、他人から頼まれた物事を断ることができない人など、自分に対して厳しく、他人のことを必要以上に気にかけてしまう性格の人が挙げられます。
(⇒うつ病を発症しやすい性格

仕事にしても家事にしても何事も完璧にこなさなくては気が済まない、周りに嫌われたくないから、といってついつい無理をしてしまうような人はうつ状態に陥りやすくなっています。

現在はうつ病を発症していない場合でも、同じ状況が長期的に続いていくとうつ病を発症してしまう恐れが高まってしまうのであらかじめ注意が必要です。

家族など周囲の皆さんも患者のこうした性格を理解していくことで協力できる部分は協力していくなど、患者の負担を少なくさせてあげてください。

全てを手伝う必要はありませんので、患者本人が一人ではできないことは皆さんもしっかり協力していくことを心がけていきましょう。

また、患者がうつ病以外の病気を発症していたような場合は、その病気に対する理解を深めることも必要です。

うつ病と併発しやすい精神疾患には様々な症状がありますので、それぞれの病気の特徴をよく理解し、治療への協力体制を整えていくことも家族の皆さんあってのものです。

例えば、パニック障害などは症状の改善に「曝露療法」が効果的ですが、家族の皆さんが付き添ってあげることで患者は曝露療法を行なうことに安心感を得ることができます。

恐怖を感じる状況に少しずつでも慣れていくことができるように、患者の周囲にいる皆さんは優しく見守ってあげてくださいね。

不登校とうつ病、傷ついてしまった子供の心を守っていくためには

小学生や中学生、高校生は1日の大半を学校で過ごすことになります。勉強だけではなく部活動や友達との人間関係、または恋愛など様々なことを経験できる点が学校の魅力ですが、「学校に行くことがつまらない」「学校に行きたくない」と感じている生徒は決して少なくありません。

実際に学校に対して反発して学校に行かなくなる子生徒もいますが、学校に行きたいけれど行けない、いわゆる「不登校」や「登校拒否」も非常に多く見られています。

特に中学生の不登校は目立っており、中学時代に不登校だったことから全日制の高校に行けなくなってしまった、という生徒も少なくありません。

こうした不登校の原因はそれぞれ異なる部分はありますが、やはり学校生活における問題、家庭での問題が大きな原因として考えられています。

学校生活は親には見えない部分がありますから、お子さんがいる皆さんは自分の子供が実際にどのような生活を学校で送っているのか、気にしたこともあるのではないでしょうか?

小学生のうちは学校であったことを何から何まで話してくれたのに、中学生になってから学校でのことを全く話さなくなってしまった、さらに家ではまともに口すら利かなくなってしまった、という親子関係の問題を抱えている家庭も少なくないため、家庭環境も大きな要因の一つと考えられているのです。

例えば学校でいじめられていたような場合、当の本人から「自分はいじめられている」と言ってくることは滅多にありません。

自分がいじめられていることが恥ずかしいから、いじめられていることを知ったら親が悲しむから、といったような理由から、もしいじめられていても親には黙って学校に行き、一人で悩みを抱えている生徒は決して少なくないのです。

このような状態が続くと、いじめによるストレスや悩みによる負担から、うつ病を発症してしまうケースが多く見られています。

うつ病は働き盛りの年代に多く見られる症状として知られていますが、近年では子供がうつ病を発症することも増えてきています。

子供でもうつ病になるの?と疑問に思う皆さんも多いかもしれませんが、子供も抱えている悩みや不安に押しつぶされてしまい、一人ではどうにもできなくなってうつ病を発症してしまうことがあるのです。

大人の場合は仕事や人間関係のストレスや環境の変化などが大きな発症原因と考えられていますが、子供の場合も同じです。

学校における人間関係、勉強、家庭環境など、自分が今置かれている状況の辛さや苦しさなどからうつ病になってしまうことがあります。

うつ病を発症すると学校に行く気力がなくなり、学校に行きたくても行けなくなってしまう生徒が多いことから、うつ病を発症すると不登校になるケースが実際に見られています。

子供の傷ついた心を守っていくためにも、普段から子供の行動や言動に注意しておくこと、様子に変化が見られたら一度話を聞いてみるようにしてください。

学校生活よりも見えにくいインターネット上のコミュニティの付き合い

皆さんは何か特定のコミュニティに属していることがあるでしょうか?学校の部活動やサークル活動、同じ趣味を持った仲間同士の集まり、インターネット上の付き合いなど様々なコミュニティがありますが、こうした特定のコミュニティに属していることからうつ病を発症し得るケースもあります。

学校のクラスや職場の部署などにも言えることなのですが、特定の人が集まって何か物事に対して行動するとなると、どうしても閉鎖的な活動になることが多く見られています。

例えば、学校での部活動の仲間には仲の良い友達もいれば、あまり仲が良くない友達や嫌いな人、何となく気に入らない人がいる場合もありますよね。

こうした閉鎖的な空間で問題が起きると、ちょっとしたすれ違いでも大きな問題に発展してしまうことがあります。

無視や仲間はずれといったいじめの問題が発生してしまうことも少なくないため、学校の先生や親達が知らない部活動内でいじめが行なわれることも非常に多く見られていることが現状です。

部活動は、中学生や高校生にとって自分を磨いて成長していくために必要なコミュニティですが、場合によっては部活動内で起きた問題が原因でうつ病を発症してしまった、という学生も少なくありません。

本来ならば楽しいはずの部活動も、いじめが起きているせいで楽しめず、ひどい場合は学校にさえも行けなくなり、不登校になってしまう場合もあります。

不登校とうつ病の関係は深いものがあるので、学校関係者や親同士の繋がりは意識して大事にしていくことをおすすめします。

また、近年では同じ趣味を持った仲間同士の付き合いやインターネット上のコミュニティの付き合いがある人も多く、そのようなコミュニティの中で起きた問題が原因でうつ病を発症するケースもあるため、年代問わず注意が必要となります。

インターネットは様々な年齢層の人いる空間で、性別も違えば住んでいる所も全く違う人と交流ができるとても特殊な空間となっています。

現在では当たり前のようにコミュニケーションツールの一つとして利用されているインターネットですが、インターネットの空間もまた閉鎖的な特徴があるため、ネット上でのいじめも少なくありません。

中学校や高校では「裏サイト」などがある学校もありますし、同じ趣味の人が集まったインターネット上のコミュニティで無視や仲間はずれといった悪質ないじめが起きていることもあるので、特に中学生や高校生のお子さんがいる皆さんは、こうしたインターネット上のコミュニティに対する問題についてもよく考えておく必要があります。

インターネット上のことは普段の学校生活以上に見えづらいところがあり、本人も親や兄弟には話さない部分もたくさんあるため、気付かないことが多いのですが、一緒に生活をしていく中で本人の行動や言動に少しでも変化が見られているようであれば、一度よく話を聞いてみるようにしましょう。

生活の中で泣くことが増えた、必要以上に感情移入してしまう場合も

特に悲しいことがあったわけでもないのに涙が出る、テレビのニュースやドラマなどの悲しい話に必要以上に感情移入してしまって涙が出てくる・・・うつ病を発症するとこのような症状が現われることもあります。

うつ病の代表的な症状には憂うつ感、気分の落ち込み、イライラ感、無気力感、全身の倦怠感、食欲低下、睡眠障害などが挙げられますが、わけもなく涙が出る、ちょっとしたことで泣きたい気持ちになる、感情移入しやすくなるといった症状もまた、うつ病の特徴となっています。

同じうつ病でも人によって程度は異なりますが、うつ病は気持ちが不安定になっているため、ちょっとしたことで涙が出たり、ドラマなどの作品に過剰に感情移入してしまったり、感情の起伏が激しくなることは珍しいことではありません。

特にドラマや小説、アニメ、漫画といった作品に感情移入することは、場合によってはうつ状態を悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

その作品の内容にもよりますが、病気が関わる作品や死が関わる作品などは、感情移入をすることでうつ状態を強めてしまう恐れがあります。

健康な人でも難病ものを扱っているドラマや小説などの作品に触れることで、軽い気分の落ち込みを感じたり、涙が出て止まらなくなったりすることがありますが、うつ病の場合は病気の悪化に直接関わることもありますので、できれば避けるようにすることをおすすめします。

患者によっては自分から避けていることもありますから、もし自分から「こういうドラマは見たくない」とか「こういう小説は読みたくない」と言っているような場合には、無理して見せたり読ませたりしないようにしてください。

また、うつ病患者の周囲の視点から見てみると、うつ病患者に対する感情移入というものも大きな問題として挙げられます。

うつ病の人と長く付き合っていくためには、その人に対してあまり感情移入せず、症状を客観的に冷静に見る必要性があります。

これはうつ病を専門としている心療内科や精神科の医師にも同様に言えることなのですが、患者に対して感情移入しすぎてしまうと、自分自身もうつ状態に陥ってしまう恐れがあるからです。

例えば、皆さんはうつ病の患者の話を聞いて相談に乗ってあげることになったとします。患者は話を聞いてもらうことで気持ちがとても楽になるのですが、皆さんがその話に感情移入してしまっていたらどうでしょうか?

今度は皆さんがうつ状態に陥ってしまう恐れが高まってしまいますので、話を聞くにしても感情を入れすぎず客観的な姿勢を保つことが大切です。

うつ病の人と付き合っていくためには、皆さんがある程度突き放した気持ちで付き合う必要があります。
(⇒うつ病の人と付き合うことに疲れたら

冷たい、優しくないといった印象に思われても、皆さん自身もうつ病になってしまっては元も子もありません。患者に協力することも大切ですが、それ以前に自分のことも大切にしてあげてくださいね。
(⇒大切な人がうつ病でもまずは自分のことを大切に

日頃から風邪を引かないよう注意!風邪を予防してうつ病の悪化も防ぐ

憂うつ感や気分の落ち込み、イライラ感などの精神的症状をはじめ、食欲不振や睡眠障害、倦怠感などの身体的な症状なども現れるうつ病。

現代では働き盛りの年代だけではなく、20代や30代の若年層、子供までもうつ病を発症しているケースが見られています。

従来型のうつ病とはまた違った症状が現れる新型のうつ病も発症率が高まっているため、少しでもおかしいと思ったら早めに医師に相談しましょう。

うつ病は自分で発症していることに気づかない場合もあるので、周りの家族などに変化が見られている場合にもよく注意してください。

このように心が風邪を引いてしまったような状態がうつ病なのですが、うつ病を発症している場合も実際に風邪を引くことがあります。

風邪を引いて熱が出る、咳が出る、身体がだるい、といったような症状はうつ病の症状を悪化させてしまうことがあるので、まずは風邪を予防することが大切です。

特に身体のだるさなどの倦怠感や食欲不振は、うつ病の症状の一つですから、風邪を引いたことでより症状がひどくなることがあります。風邪と相乗してうつ病が悪化することを防ぐためにも、日頃から風邪を予防するように注意しておきましょう。

そこで必要となるのが、生活習慣の見直しです。生活習慣が乱れていると体調を崩しやすくなり、風邪を引きやすい状態になってしまいます。

それだけではなく、生活習慣が乱れていることはうつ状態の悪化にも繋がってしまうため、うつ病を発症している場合はより生活習慣を改善することが重要となっています。

うつ病自体も生活習慣の乱れが原因となって発症することがあるので、うつ病予防のためにも生活習慣を見直すことを心がけていきましょう。

偏った食生活になってしまっている場合は栄養バランスが整えられた食事を摂ること、運動不足になっている場合は適度な運動を心がけることなど、生活習慣で問題がある箇所を一つずつ見直してみてください。

特に睡眠はうつ状態の緩和にも効果的ですから、睡眠をしっかり取ることでうつ病の悪化も風邪も防ぐことができます。

しかし、うつ病を発症している場合は睡眠障害に陥ってしまっていることが多く見られているため、毎日たっぷり睡眠を取ることができない患者も少なくありません。

そうした睡眠障害から風邪などの症状が現れてしまうこともあるので、まずはうつ状態を落ち着かせて毎日睡眠を取るために、医師の指示に従って薬物療法を続けていきましょう。

もちろん薬だけに頼らず、早寝早起きを心がける、寝る前はテレビやパソコン、携帯電話などの光を見ることは避けるなど、睡眠を取りやすい状態にしておくことも重要です。

また、うつ状態から睡眠障害に陥るだけではなく、睡眠障害からうつ病に発展してしまうこともあるので、睡眠に問題が見られているような場合は早めに医師に相談して対処することをおすすめします。良質の睡眠を取って風邪もうつ病も防いでいきましょう。

負担になってメールができなくなることも、連絡は気長に待ってみて

気分が優れず落ち込んでしまうことは誰にでもあることですが、うつ病を発症するとその症状が長期的に現れるようになります。

気分の落ち込みの他、何も理由はないのにイライラしたり、何事に対しても無気力になってしまったり、気分に様々な変化が現れるため、人によってはただのわがままなのではないかとか、自分勝手なだけなのではないかとか、その人自身の人格を疑われてしまうことも少なくありません。

しかし、うつ病を発症している人はわがままや自分勝手に行動しているわけではなく、うつ病という病気がこのような状態にしてしまっているのです。

例えば、現代を生きる私達にとって非常に身近なメールというツールも、うつ病の患者には負担になってしまうこともあります。

実際にメールが好きではないとか、メールを打つことが面倒に感じるとか、日頃からそう思っていてメールをしない、という人は多く見られていますが、こうした人は自分の意思で「メールをしない」という結論に至っているので特に問題はありません。

問題なのは「メールを返さなければならない」「メールを返さなければ相手の迷惑になる」など、メールに対して真面目に捉えすぎてしまっているような場合です。

一般的にうつ病は真面目で完璧主義の人、お人よしで他人からの頼みを断れない人など、ついつい考えすぎてしまいがちな人はうつ病を発症しやすい性格と考えられているため、メールに対して真面目に捉えすぎてしまっている場合も、メールというツールが精神的な負担になってうつ病を発症してしまうことがあるのです。

近年では仕事においてはもちろん、家族や友達との連絡手段としても欠かせないものとなっているメールは、基本的には気軽なコミュニケーションツールで生活の中にも取り入れやすいものですが、人によってはメールをすること自体に負担を感じて、メールができなくなってしまうことがあります。

うつ病を発症している人だけではなく、いつもは律儀にメールを返してくれる人でも時々メールの返信が止まるなど、変化がある場合は状況をゆっくり見守ってあげましょう。

「どうして返信しないの?」とか「早く返事欲しいんだけど」というように、メールの返信を要求するようなことは絶対に避けてください。

いつもメールを返してこないような場合は、相手からちょっと謝られる程度で状況は治まりますが、根が真面目でメールに対しても真面目に捉えすぎてしまう人、うつ病を発症していて精神状態が不安定になっている人に返信を要求してしまうと、「早くメールを返さなければならない」と強迫観念に襲われてしまうこともあります。

このような状態になると、うつ病を発症している人はうつ状態が悪化してしまうこともありますし、現在はうつ病を発症していない場合でもうつ状態に陥ってしまう恐れが考えられますから、周囲にいる皆さんは相手の負担にならないよう、連絡を気長に待つことも必要でしょう。

雨の日は気分が落ち込む、天気もうつ病の症状を強めるきっかけに

今日は天気が良いから気分も良い、今日は天気が悪いから何となく気分が優れない・・・。このように気分が天気に左右されてしまうことは誰にもあることですよね。

しかし、うつ病を発症している場合は気分の差が必要以上に現れてしまうことがあるため、人によってはうつ状態がひどくなってしまうことも珍しくありません。

うつ病は憂うつ感や気分の落ち込みなど様々な症状が長期的に現れる精神疾患ですが、うつ状態の程度は患者それぞれで異なることはもちろん、気分の良い日もあれば気分の優れない日もあり、日によって気分に大きな差が現れることもあります。

気分障害とも呼ばれていることがうつ病の特徴なので、ちょっとしたことがきっかけでうつ状態が悪化したり、気分が良くなったりすることは決して少なくありません。

毎日の天気もその小さなきっかけの一つで、晴れて天気が良い日は比較的気分が良くなる、雨など天気が悪い日は気分が塞ぐ、といったような症状として現れるようになるのです。

このような気分の変化は、うつ病ではない場合も見られるものですし、雨の日に憂うつな気分になることなどは誰もが経験していることでもあります。

そのため、うつ病が要因となって現れている気分の落ち込みも「気の持ちようで何とかなる」とか「天気が悪いくらいでそこまで落ち込むことはない」と見られてしまうことも多いのですが、うつ病の症状はただの気の持ちようでどうにかなるものではありません。

他人から見ればわがままに思えたり、天気が悪いことを言い訳にしてさぼっていると思われたりしても、このような気分の変化はうつ病という病気がそうさせてしまっているので、本人にとっても仕方のないことなのです。

わがままを言いたいわけでもなく、怠けたりさぼったりしたいわけでもないのにかかわらず、天気が悪くなるとどうにもこうにも気分が優れず無気力感に襲われてしまう、この非常に分かりにくい症状がうつ病の特徴です。

他人からはもちろん、自分でもどうしてここまで気分が落ち込むのか分からない・・・と感じてしまうのがうつ病なので、家族や友達など周囲にうつ病を発症している人がいる場合は、決して無理をさせようとせず、症状が落ち着くまで見守ってあげるようにしましょう。

うつ状態に陥っていると人と話したくなくなったり、一人になりたいという気持ちが強くなってりするため、必要以上に構わないように注意してください。

うつ病の人を放っておけない、と思う皆さんも多いかもしれませんが、患者が一人になりたい時は一人にさせることを第一に考えましょう。

だからと言って全てを見捨てるというわけではありません。患者に協力できることは協力する、患者が一人でできることは一人でやらせるなど、状況によって臨機応変に行動することを心がけるようにしましょう。

うつ病の患者と長く付き合っていくためには、周囲の人々のこうした心がけが大切となっています。

自分の誕生日に憂うつになる、他人の誕生日を忘れてしまう場合も

自分の誕生日を祝ってもらえるのはいくつになっても嬉しいものです。例え年齢を重ねても、周りからかけてもらえる「おめでとう!」という言葉は心に響きますよね。

しかし、うつ病の場合は自分の誕生日を迎えることでどうしようもなく憂うつな気持ちになったり、誕生日が来る時期になると気分が落ち込みがちになるなど、誕生日を喜べない場合もあります。

自分の誕生日なのに嬉しくないの?と不思議に感じる皆さんも多いかと思いますが、うつ病を発症すると何事に対しても無気力なってしまい、誕生日のことを考える余裕がない場合も多く見られています。

誕生日だと気付いたとしても、どうして自分は生まれてきたんだろうとか、自分なんか生きていても仕方がないのに、といったように気分が塞ぐきっかけになってしまうことも少なくないのです。

決して自分の誕生日を喜びたくないわけではなく、喜びたくても喜べない状況になってしまっているのがうつ病です。頑張りたくても頑張れない、楽しみたくても楽しめない状態になってしまうのです。

これはうつ病という病気がそうさせてしまっているだけで、患者本人が悪いわけではありません。よく「うつ病はわがままなだけ」と言われていますが、これは大きな間違いです。
(⇒うつ病は単なるわがままや怠け癖ではない

うつ病は心が風邪を引いてしまっている状態です。風邪をしっかり治さない限り、こうした考え方をぬぐい去ることはできないので、まずは憂うつ感を改善させるために適切な治療を受ける必要があります。

心療内科や精神科はうつ病を専門的に扱っていますから、少しでもおかしいと思ったら早めに病院を受診することをおすすめします。

ただ、うつ病は自分ではなかなか気付きにくい病気でもあります。患者本人がうつ病であることに気付いていなくても、周囲にいる家族や友達、恋人から見て何らかの変化が見られている場合には、一度よく話を聞いてあげるようにしましょう。

うつ病の治療を始めるには早いに越したことはありません。早期に症状に気付き治療を始めることで、症状の悪化を防ぐことができます。回復も早くなりますので、まずは症状が現れている場合はすぐに医師に相談するようにしてください。

気分が落ち込みがちになって無気力になるだけではなく、ちょっとしたことでイライラすることが増える、夕方になると憂うつな気分も楽になってくる、といったような症状はうつ病の代表的な症状です。

その他にも食欲不振や睡眠障害の症状が現れたり、判断力や記憶力が鈍ってしまうこともあります。なので、誕生日についても他人の誕生日を忘れてしまう場合も珍しくありません。

そのような場合に誕生日の話題を出してしまうと、患者の負担になってしまうこともあるので、まずは状況を見守ってみてください。

祝ってもらえなくて寂しいと思ってしまう皆さんも多いかもしれませんが、うつ病の症状を悪化させないためにも、状況を温かく見守る余裕を持つようにしましょう。

どうすれば救うことができる?自分の家族がうつ病になってしまったら

うつ病は誰にでも発症する恐れがある病気です。特に真面目で几帳面な性格など、何事に対しても完璧を目指してしまうようなタイプの人はうつ病を発症しやすいと考えられています。
(⇒うつ病を発症しやすい性格

その他、誰かから物事を頼まれると断れない、誰にでもいい顔をしてしまう、人目を気にしすぎてしまうなど、周囲に対して神経を使うことが多いタイプの人もうつ病を発症しやすい傾向があるため、あらかじめ注意しておくことが必要です。

では、このようなうつ病を大切な家族が発症してしまった場合、私達は一体どのように対処していけば良いのでしょうか?

うつ病は誰しも発症する恐れがあるので、皆さんの家族がうつ病になってしまうことも決して無いとは言い切れません。

もし家族がうつ病になってしまった時、自分が家族の一員としてできることは何があるのでしょうか。どうすれば家族をうつ病から救うことができるのでしょうか。

ここでは家族がうつ病を発症してしまった時の対処方や接し方について見ていくことにしましょう。

まず、うつ病はなかなか自分自身で症状に気付くことが少ない病気であることが特徴的となっています。もちろん自分で「おかしい」と感じることもありますが、うつ病が進行していくに連れて自分がうつ病を発症しているとは気付きにくくなっていきます。

他人が指摘しても「自分はうつ病ではない」と言い張る人もいますし、病院に行くことを進めても拒否することも珍しくありません。

うつ病は早めに対処することが望ましいのですが、こういった場合はすぐに病院を受診させることができないため、まずは家族である皆さんがゆっくりと話を聞いてあげるようにしましょう。

悩んでいること、苦しいこと、悲しいこと、相手が話したいペースで話を聞いてあげることによって、相手の心は徐々に楽になっていきます。

話を聞くだけでうつ病の症状が治るわけではあいrませんが、心の負担は少しずつ軽くなっていきます。話をしていく中で病院に行くことを勧めることも必要ですが、決して強制はしないようにしてください。

うつ病を完治させるためというよりも、医師に話を聞いてもらいに行く感覚で病院を受診するようにしましょう。

また病院にはうつ病を発症している恐れがある本人だけではなく、周囲にいる皆さんも家族として付き添っていくことをおすすめします。

うつ病は一人で完治させることができる病気ではありませんし、医師による治療、抗うつ薬などを使用した薬物療法だけでも治すことができる病気ではありません。

周囲にいる人々、特に家族の協力あってのうつ病治療となりますので、病院への受診は家族の皆さんも付き添ってあげるようにしてください。

また、うつ病を発症している本人に対しての接し方についても、無理は絶対にさせないこと、協力できるところはサポートすること、そしてうつ病を言い訳にして甘えさせすぎないようにすることなどに注意しておきましょう。

うつ病の恋人と長く付き合っていくためには心に余裕を持つことが必要

大好きな恋人がうつ病になってしまった・・・こんな時、皆さんは恋人に対してどのように接していきますか?

今までと変わらないように接することはまず無理、と思うことがほとんどかと思いますが、あまりに接し方が変わってしまうと相手を不安にさせてしまうことがあります。

うつ病という病気に戸惑うことは仕方のないことなので、どのように接することが正解なのか分からない、という人も少なくありません。

また、今まで通りに接するとかえって相手に負担をかけてしまうこともありますし、昨日と今日では相手の気分が違うことから、接し方を変えなければならなくなってしまう、という悩みも現れるようになってしまいます。

恋人同士だったはずなのに素っ気なくなる、話をあまりしたがらなくなる、電話やメールの回数も少なくなる、一緒に出かけられなくなるなど、恋人らしいことも普通にできなくなってしまうのがうつ病の特徴でもあります。

このままでは付き合っていけない、と思ってしまうことから、どちらかがうつ病を発症したことをきっかけに別れてしまうカップルも珍しくありません。

相手がうつ病を発症したから別れるといった場合もあれば、うつ病を発症した本人から相手に別れを切り出す場合もあります。

嫌いになったわけではないけれど一緒にいることが辛い、自分では全てを支えきれない、どう接していいか分からない、自分がうつ病になったことで相手に迷惑をかけてしまう、といった理由から別れてしまうカップルが多く見られています。

しかし、その反対にうつ病を発症しても今まで通り恋人として付き合っていく、または結婚をして家庭を築く、というカップルもいるため、うつ病は二人を引き離してしまう原因になるだけではないのです。

もちろん、うつ病の患者と長く付き合っていくためには様々な苦労があります。恋人がうつ病で苦しんでいるのに何もできない、その苦しさに押しつぶされそうになることもありますし、もう一緒にいることはできないと考えてしまう日もあります。

ですが、うつ病の人と向き合う上でこのような悩みはあって当たり前のことです。恋人のことを大切に考えているからこそ生まれてくる悩みや苦しみですから、その時間も大切にしていきましょう。

そしてその思いを少しでも楽にするためには、うつ病という病気を理解した上で無責任になることが必要です。うつ病の恋人と長く付き合っていくためには、うつ病を理解するだけではなく、うつ病の特徴と向き合うことである意味での無責任さを心得ることが大切なのです。

相手の気分の変化によってイライラしたり、もう嫌だと投げ出したくなったりした時は、一度距離を置いてみることをおすすめします。
(⇒大切な人がうつ病になってもまずは自分を大切に

うつ病の人を支える側の皆さんまでうつ状態になってしまっては元も子もありませんから、冷静に接することができるようになるまで距離を置いてみてください。うつ病の恋人と付き合っていくためには心の余裕が必要なのです。