うつ病

『アッ、うっかり!』お薬の飲み忘れを防ぐためにできる3つのこと

これは朝、これは昼食後、これは寝る前……心の病気の薬は患者にとって時に処方が複雑で、管理が大変に感じられることもあります。
おまけに病気のせいでなかなか規則正しい生活とは言えず、薬を決まった時間に飲もうとしてもうまくいかなかったり、場合によっては『あれ、飲んだっけ?』『飲み間違えた!』なんてことも……。
そんなうっかりを防ぐためにできる、薬の簡単な管理方法を3つ、お教えしますね。

(薬をもらったら仕分けしておく)
薬を持ち帰ったら、まず用途別に薬を分けておきましょう。
薬局でも飲む時間ごとに袋を分けてもらえますが、薬局の袋ではぱっと見にわかりづらいもの。
日にちごとに分けられるピルケースがあればそれが一番よいですが、なければ色や柄の違う大きめの封筒をいくつか用意して、その中に時間帯ごとに薬をわけて入れておくといいでしょう。
ぱっと見ただけでどの時間のものかわかりやすく、間違って服用することを避けられます。
もちろん色や柄だけでわけるのではなく、封筒にも『食後』『寝る前』などの服用する時間帯を、油性ペンなど濡れてもいいペンではっきり書いておきましょう。
濡れても滲まないペンで書いておくと、服薬中にうっかり水をこぼしてしまっても安心ですね。
面倒だから、かさばるからと薬局の袋からだして薬を全部ひとつにまとめてしまうことだけは避けてください。
うつ病にかかると判断力などが低下し、健康だった頃には当たり前にできていたことも無意識のうちにできなくなっているもの。全部をひとつにしてしまうと、いざ飲もうとした時に『あれっ、どの薬だっけ』が必ず起こります。

(飲んだ時間をメモに残す)
生活時間が毎日規則正しく……というわけにはなかなかいかないのがうつ病。
特に薬を飲み始めた初期の頃などは、睡眠導入剤が効き過ぎたり、逆に効かなかったりして起きる時間がまばらになりがちです。
そんな状態で毎日同じ時間に朝昼晩と規則正しく服薬するのは難しいこと。
だったら目が覚めて『もう活動しよう』と決めた時間をその日の『朝』の基準にするしかありません。
ですがそれだと薬を飲む時間が毎日バラバラになり、『あれっ、飲んだっけ!?』の原因になってしまいます。
そんなうっかりを防ぐために、薬を飲んだ時間をメモに残しておくと大変便利です。
パソコンのモニターでも鏡でも、一日何度も見る場所にメモを貼り、飲んだ日にちと時間を書いておくだけ。
些細なことかもしれませんが、うつ病は健忘と呼ばれるもの忘れを引き起こすこともありますし、これだけ記録しておくだけでも大きく違います。
余裕がある人は薬の種類ごとに分けたメモをあらかじめ作っておき、それに日付と時間を記入していってもいいですね。

(薬を決まった行動のスイッチにする)
飲み忘れを防ぐためには、服薬することを生活習慣のひとつにしてしまうことです。
例えば『寝る前に必ずトイレに行く』という人は、わざわざ意識しなくてもその時になったら自然とトイレに行くでしょう?
それと同じように『食事をしたら薬を飲む』など、服薬と何かの行動をセットにして、習慣として体に覚えさせるのです。
特にわかりやすく、薬の飲み方としてもベストなのが『睡眠薬を飲んだら寝る』習慣。
睡眠薬を飲んだあとに『薬が効くまで』と体を起こしてあれこれやっていると、薬が効き始めたときに無意識のうちに覚えのない行動をとってしまうことも。
また、寝る間際までパソコンや携帯電話、テレビの画面を見ていると脳が覚醒してしまい、非常に眠りづらく薬が効きにくい状態になってしまいます。
それを防ぐためにも『睡眠薬を飲んだら寝る』ことはとても大切です。
さらに『睡眠薬を飲む』ことをイコール『眠るためのスイッチ』として習慣づけると、睡眠薬を飲むことで体が『あ、今日はもう寝るんだな』と眠る体制を整えやすくなります。
是非ひとつの習慣として治療に役立てたいものですね。
もちろんそれ以外の薬に関しても、『食後のはみがきをする前に飲む』などの形で習慣づけると、飲み忘れを防ぐのに大変効果的ですし、ひとつの行動とセットにして覚えておけば、飲んだかどうかも思い出しやすくなります。

正しく薬を服用するのは治療のためにとても大切で必要なこと。
上手に飲み忘れを防いで、きちんと薬とお付き合いしていきたいものですね。

うつと戦うあなたの戦友!薬と上手に付き合うためには

睡眠薬や抗うつ剤……その名前だけで『なんだか怖い』『一度使ったら止められなくなりそう』……心の病気と戦うための薬に対して、そんな印象を持っている方は意外と多いもの。
確かに間違った使い方をすると、薬は体に思わぬ悪影響を及ぼすことはゼロではありません。
でも待ってください、それは心の病気のお薬だけですか?
今回は、心の病気の薬とお付き合いする心構えをお話したいと思います。

(薬は心強い戦友!)
どんなものでも、薬は病気と戦うための心強い戦友であることをまず忘れないで下さい。
人は一人ひとり体質が違いますから、確かに薬の合う合わないはありますが、一つの薬が合わなかったからといって、全てが悪だと思い込むのはもうやめにしましょう。
体に合った薬を必要なぶんだけきちんと服薬すること、それは投薬が必要な病気にとってまず大切なことです。
心の病気で処方される睡眠導入剤や抗うつ剤、抗不安剤などは脳内物質に作用するため、他の薬よりなんだか怖いイメージを持ってしまう方もいますが、まず、薬というものはどんなものでも、体になんらかの影響を及ぼすものだと知ってください。
病院の処方薬だけではありません、薬局で買えるあなたのよく知っている薬だってそうなのです。
そして間違った使い方をした場合の怖さを知ることも必要なことですが、上手に付き合えば、病気と戦うための心強い戦友となってくれることも、同時に知ることが大切です。

(服薬のための注意点をよく知ろう!)
薬は、人それぞれの体質に合う合わない以前に、一緒に飲食してはいけない食べ物や、他の治療薬との相性が悪いものがあります。
その組み合わせが悪いと効果が半減したり、場合によっては重篤な副作用が出てしまうことも……。
そうならないためにも、薬を渡された時に伝えられる服薬のための注意点をよく聞いて、医師や薬剤師の指示には必ず従いましょう。
他の病気で服薬している人は必ず医師にそのことを伝えてください。
心の病院だけではありません。例えばあなたが風邪を引いて内科に行った時にも、『こういう薬を飲んでいます』ときちんと伝えましょう。
そのためには、薬局でもらえるお薬手帳を通院時には必ず持って行き、医師に見せたり薬局に提出することを欠かさないようにしてくださいね。

(いざ服薬!でも……。もしも不調を感じたら)
全ての人に副作用の全くでない薬というのはなかなか難しいもの。
あなたが服薬を始めてもし何か体に悪い変調をきたしたら、些細なことでも医師や薬剤師に伝えましょう。
口が渇きやすくなったり、頭痛がしたり……薬によって副作用は様々ですが、『多少の副作用はしょうがない』と黙っているのが一番よくありません。
同じ効果の別の薬ならあなたに合うかもしれないですし、放っておくともっと重い副作用を引き起こすことにもなりかねないからです。
特に心の病気の治療に使われる薬は、人によって合う合わないの差が大きく、同じ効果でも様々な種類の薬があります。
その中から自分に合った薬を副作用と付き合いつつ探していくのは根気のいることですが、病気と戦っていくためにはとても大切なことなんですよ。
ごく稀にですが、痙攣など重い副作用を起こした場合は、服薬を中止してすぐに病院に電話してくださいね。

(戦友『薬』と勝手にさよならしないで)
なんだか薬が効いてない気がする、このまま服薬を続けるのは怖い……様々な理由で、薬を勝手に止めてしまう人が実は意外といるのですが、この選択はNG。
薬によっては突然服用を止めると、断薬症状という一種の依存症状を起こしてしまうことがあるのでよくありません。
心の病気の薬は、前述したように脳内物質に作用するものなので、止める時も医師の指示に従って慎重に行います。
突然服薬を止めるのではなく少しずつ薬を減らして、薬のない状態に徐々に体を近づけていく『減薬』が必要なものもありますので、自己判断で薬を止めないこと。
もし、今飲んでいる薬の効果を感じられないようなら、それをまず医師に伝えましょう。
ひとつ覚えておいてもらいたいのは、いわゆる抗うつ剤と呼ばれる薬たちは、効果が出始めるまでに二週間ほど時間がかかります。
それ故に、飲み始めたばかりの頃は薬の効果がないように感じられることもありますが、その期間に勝手に止めてしまわないこと。そして病気との戦いが終盤に入った頃に、『自分はもう大丈夫だ』と薬を処方されても飲まずに捨ててしまったりしないことが大切です。

(『一緒に戦うこと』は『ずっと支えること』じゃない)
薬は病気と戦うための大切な戦友ですが、できたらいつの日かその手を離していきたいもの。
服薬イコール生涯だと思って臆する人もいるようですが、そうではありません。
自分がきつい時にそっと支えてもらって、一人で立てるようになったら少しずつ離れていくのが理想的で、そこを目指していくのがベストです。
必要以上に恐れることなく、正しい知識で服薬や減薬をしていくこと。最終的にその力を借りなくてもいい自分に戻ること。
薬だけに頼りすぎず、最後には断薬するんだと心のどこかに留めて、上手に付き合っていきましょう。

『うつ病になるとどうなるの?』基本の症状5つを知っておこう!

一口に『うつ病』と言っても、想像される症状は様々ですよね。憂鬱になる、眠れない……個々の症状はぱっと思いついても、具体的にどうなるのかまで知っている人は、まだまだ少ないと言えるでしょう。
もちろん、単純に憂鬱だからうつ病、というわけではありません。
では、うつ病になるとどうなってしまうのか、代表的な症状を具体的にひとつひとつ見ていきましょう。

(症状その1、気分の落ち込み)
うつ病の症状としてまず上げられるのは『気分の落ち込み』です。
何をやっても憂鬱で心が晴れなかったり、なんだかむなしくなってしまったり、何でもないようなことでひどく気持ちが落ち込んでしまったり……。
生きていれば誰だって落ち込むことはありますが、その状態が毎日毎日続くのがうつ病です。
ひどくなってくると、自分がいらない人間のように思えたり、突然悲しくなって訳もなく泣いてしまったりすることも増えてきます。

(症状その2、意欲の低下)
さらに心の症状として『意欲の低下』が上げられます。
学校や仕事に行きたくない、好きだったものを楽しめなくなった、人付き合いが億劫になったなど、日常の様々なことに対する意欲が極端に低下します。
頭に霞がかかったようにぼんやりすることが増え、集中力もなくなり、健忘と呼ばれる病的な物忘れを起こしたりします。
場合によっては布団から起き上がることすら難しくなり、入浴や食事など一般的な日常生活も、人の手を借りなくてはできなくなることも……。
意欲的に動けないのは非常に生き辛い状態で、特に仕事など生活の基盤となることに対して積極的になれないのは、生活そのものの地盤が緩んでしまい、新たなストレスの元ともなりかねません。

(症状その3、睡眠障害)
うつ病が引き起こす身体的な症状として、もはや代表的とも言える『睡眠障害』。
一般的に知られているのは『不眠』ですが、実は不眠には『寝付けない』『眠っても途中で起きてしまう』という二つのパターンがあります。
前者の寝付けないことを『入眠困難』、後者の途中で起きてしまうことを『中途覚醒』と言い、処方される薬もそれぞれ違います。
また、薬を飲んだ状態で中途覚醒すると、予期せぬ行動をとってしまい、しかもそれを覚えていないという健忘を引き起こすこともあり、非常にやっかいなもの。
そして、睡眠障害は不眠だけではなく、過剰に眠りすぎる『過眠』の症状も認められています。
頭がいつまでもぼーっとしたり、頭痛がしたり、場合によっては生活に支障をきたすほど眠りすぎてしまうことも。
睡眠は健康の要だけあって、思うように眠れないことで、うつ病の患者はさらに体調のバランスを崩しやすくなってしまうのです。

(症状その4、食欲不振または過食)
『食欲不振、過食』もうつ病に見られる身体的な症状のひとつです。
食事に対する意欲が極端に薄れ億劫に感じたり、または空腹感そのものを感じにくくなったりします。
またそれとは逆に、食べることでストレスから逃避しようとし、必要以上に食べてしまう『過食』が起こることも。
正しく食事ができないと望まない体重の変化が起こり、過食になってしまった場合は糖尿病などのリスクも負うことになってしまいます。
うつ病は人の生活の根源にまず支障を来たしてしまうので、非常にやっかいな病気と言えるでしょう。

(症状その5、希死念慮)
『希死念慮』とは、文字通り『もう死んでしまいたい』という思いを強く持つことです。
うつ病の初期からこういう気持ちを持つ人もいますし、進行するにつれ強くなっていくこともあり、人それぞれです。
自分には価値がなく生きていたって仕方がない、このまま生きていても楽しいことなど何もない、生きていくのが辛いなどという気持ちが強くなり、場合によっては突発的に行動に移してしまうこともあるため、大変危険な症状と言えます。
死にたい気持ちが強くあるようなら、信頼のおける誰かに打ち明けるなどして助けを求めるか、通院したほうがよいでしょう。
うつ病が死に繋がってしまう直接的な原因が、この『希死念慮』です。

うつ病は心と体の両方のバランスを崩してしまう病気です。
うつ病が原因で始まった体の症状については、うつ病を治さない限り根本的な解決にはならないため、根気よく治療していくことが必要になってきます。
焦らず一歩一歩治していきましょう。

初めての通院日!緊張せずに通院するにはどうしたらいいの?

心の病院へ『通院しよう』と決めて予約をとっても、いざその当日になってみると緊張してしりごみしてしまう人もいるでしょう。
どんな先生だろう、ちゃんと話を聞いてくれるだろうか、私は病院に行けば治るのだろうか……そんな不安を抱えて覚悟が決まらず、玄関のドアをなかなか開けることができないことも。
そうならないために、うつ病の方が心の病院へ初めての通院する時に心がけておきたいことをお話しますね。

(病院へは治すために行く!と再認識する)
病院へ行こうと心に決めたということは、あなたには『病気を治したい』意思がある、ということ。
実はこの本人の『自分は病気である』認識と『治したい』意思はうつ病から回復していくためにとても大切なこと。
ということは、あなたはすでに回復への一歩を踏み出しているんです。
この辛さから抜け出したいという前向きな気持ち。それは自虐的でマイナスの方向に物事を考えがちなうつ病患者にとって、大変大きな一歩です。
怯える必要はありません。『今のつらさから自分を解放するためにいくんだ、治しにいくんだ』という意思をもう一度自分の中で反芻し、思い出してみましょう。

(病院の場所は事前に詳しく確認しておく)
家族に付き添ってもらえる場合は別ですが、一人で行った時に途中で道に迷ったら、不安や焦りで通院どころではなくなってしまいます。
病院の場所は事前にはっきり確認しておきましょう。
できたら地図をプリントアウトしておくと、当日いざという時に周囲の人にも助けを求めやすいです。
そういう環境がない方は、病院に電話して聞くのが一番です。
自分がどこに住んでいるのかをまず伝え、どう行けばいいのか、近辺にわかりやすい目印がないかなどを聞いておきましょう。
予約の電話の時に一緒に聞いてしまってもいいですね。

(お財布の中身はちょっと多目にしよう)
心療内科や精神科も他の病院と同じで初診料がかかります。
また、カウンセリングの有無やその料金体系、薬を処方された場合は薬代でも金額はかなり変わってきます。
特にメンタル系の治療に使われる薬は、ジェネリック薬がまだ発売されていないものやここ数年のうちに出たばかりの新薬などもありますので、薬の組み合わせによってはそこそこお金がかかってしまいます。
初診の場合、それを見越して少し多目に持って行きましょう。一万円は入れておくと安心できます。
経済的な理由で通院を続けていくのが困難な場合、それを補助するための制度もありますので、心配なようなら診察時に医師に相談するのもいいでしょう。

(初診日の仕事はお休みに!)
通常の病院でもそうですが、心の病院は前の人に時間がかかって、実際の診察時間が予約時間からずれることがやはりあります。
そして病気の内容が内容ですので、初診時には詳しく話をしたり、場合によっては問診表を書いたり……うつ病の患者にとって、少し負担が大きかったり気疲れしてしまうこともあります。
もし仕事をしながら通院する場合、できたら通院日はお休みをもらったほうがいいですが、それが難しいならせめて初診日はお休みをもらいましょう。
初めての通院、初めての精神科医との会話……自覚していなくても心の奥で緊張して、初診の後は無意識に疲れていることが大半です。
病院から帰宅したらその日はゆっくり休養をとったほうがいいでしょう。

(話したいことはメモを作っておくと便利)
うつ病にかかった場合、普段は人と話すのが得意な人でも、自分の考えをうまくまとめられなくなったり、健忘という症状でもの忘れを起こしたりして、初診日に医師とうまく話せないことがあります。
その時のために、自宅の落ち着ける環境で『話したいことメモ』を事前に作って行くと、医師とスムーズに会話しやすくなります。
『ひどく心配なことやつらいことは何か』『どんな症状が出ているか』『どんなところを治したいのか』、この三つを箇条書きにしていくだけで大丈夫。
つらいことや心配なことは、何を書いても恥ずかしいことはありません。それらはあなたを苦しめ、病気にしてしまった元凶なのですから、それを医師に伝えることがまず治療の第一歩です。
症状については、『眠っても途中で何度も目が覚める』『憂鬱で布団から出たくない』『食欲がなくて食事をしたくない』など、自分の今の状態を書いていけば大丈夫。
どんなところを治したいのかは、例えば『だるくて仕事をするのが辛いので、動けるようにしてほしい』『きちんと眠りたい』など、『特にこうなりたいな』というものがあれば書いておくと、医師と治療方針を立てる時に話しやすいです。
もし、元々知らない人と会話するのが苦手な場合は、『うまく話せないのでメモにしてきたんですが』と、医師にメモそのものを見せても構いません。
医師はそれを見ながら、必要な質問を答えやすい形で投げかけてくれるはずです。

心の病院というと、いまだに鉄格子のついた病院を想像する人もいるかと思いますが、そんなものは遠い昔の話。今は待合室も診察室も、普通の病院と特に変わりありません。
臆せず堂々と『病気を治してもらうんだ』という気持ちで通院を始めましょう。

併発しやすい『不眠』と戦うために続けていきたい3つの行動

『うつの症状』と言えば?と人に尋ねたら、必ず答えに含まれているのではと言っても過言でないほど、うつ病の症状のひとつとして不眠は知られています。
実際に病院に行っていわゆる睡眠薬をもらっても眠れない、途中で目が覚めてしまう……そんな悩みを抱えたうつ病の方は多くいます。
そこで、薬だけに頼るのではなく、より眠りやすい体をつくるための3つの行動をお教えしましょう。

(行動その1・居心地最高な『巣』だけで眠る)
布団の中というのは居心地がいいですよね。それは『ここに入れば休める』と体が覚えているから。
不眠と戦うためには、まず『眠ることを習慣づける』ことが大切です。
バラバラな睡眠時間やあちこち毎回違う場所で居眠り……というのは、『夜眠れない』状態に非常に陥りがちです。
まず、『ここは眠るための場所なんだ』と脳にはっきり意識させるため、自宅内で眠る時は布団の中だけで眠ること。
居間のソファやこたつの中など、布団の中以外の場所でついつい寝てしまっていませんか?
そもそも人は住居という名の巣を作り、そこで暮らすもの。
眠るための定位置を本来持っている生き物ですから、自分の眠る『巣』は『布団の中』であることを無意識の中まで自覚させましょう。

(行動その2・『今から眠る』と体に伝える)
眠ることを習慣付けやすくするために、『これをやったら眠るよ』と体に伝えるスイッチを作り、それを習慣化することも大切です。
それは小さなことでかまいません。
薬を飲んだら何もせず布団に入る、部屋を暗くして睡眠に支障のない飲み物を飲む、眠る前に必ずトイレに行くなど、毎日無理なくできる小さなサインを習慣にして、体に『あ、今から寝るんだな』とわからせるようにするのです。
服薬している人でもすぐにできるのは『薬を飲んだら何もせず布団に入る』こと。
特に睡眠薬の合う合わないなどによって、服薬の後起きていて思わぬ行動を取ってしまったり、挙句それを覚えていない記憶障害を起こす場合もありますので、これは是非実践をおすすめします。
『薬を飲んで効くまでと携帯を弄っていたら覚えのないメールを送っていた』なんてことを事前に予防できるからです。
ただし、睡眠薬からはできたらいつか離れていきたいもの。そこで『薬を飲んだら何もせず布団に入る』と同時に他の習慣も身に着けておきたいですね。
薬を飲むときは水か白湯で飲む方が多いでしょうから、『水分をとって電気を消したら布団に入る』習慣が徐々に移行しやすいものかと思います。
ですが絶対にこれでなくてはならない、というものではなく、あなたにとって一番やりやすい方法で構いません。
要は、体に眠るためのあなただけのオンオフのスイッチを覚えてもらうわけです。

(行動その3・カーテンを開けて、自然の恩恵『太陽の光』を浴びよう)
朝、目が覚めてもなんとなく眠かったりだるくてカーテンを閉めたままゴロゴロ……いつの間にか二度寝してたなんてことありませんか?
最初は少しつらいかもしれませんが、目が覚めて『もう起きるぞ』という時間になったら、思い切ってカーテンを開け、太陽の光を浴びましょう。
家族に協力してもらえるなら、頼んでカーテンを開けてもらうのもいいですね。
普段は忘れがちですが、人も『生き物の一種』であり、生き物はそれぞれ体内時計を持っていて、それに従って生きています。
体内時計が狂ってしまうと、本来『夜になったら眠る』という生き物としての習慣そのものが狂ってしまい、気がついたら明け方……なんてことも起こりがち。
その体内時計をリセットするのに一番有効なのが、太陽の光です。
毎日浴び続けることで時計がリセットされ、極端な生活時間のずれが少しずつ正常に戻っていきますので、是非実践しておきたい行為です。

(途中で目覚めてしまった時は……)
夜中、薬を飲んで眠っても途中で目が覚めてしまうことがあります。
これを『中途覚醒』と呼びますが、目覚めて時計を見て『まだこんな時間なのに……』と気になってしまったり、つい携帯を開いてしまったり……中途覚醒した時にそれらの行為はまず避けたほうがいいこと。
眠れないことへの焦りや、携帯画面の明るさで脳がますます眠りづらい状態になってしまいます。
中途覚醒した時は焦らず、『もう一度寝れば大丈夫』と自分に言い聞かせ、布団に仰向けになります。
それから手足を少し開いて全身の力を抜き、布団に沈んでいくようなイメージを思い浮かべてみましょう。
あなたが水が苦手でなければ、光の見える海面から、少しずつ海の底に沈んでいくイメージでも構いません。
明日どうしよう、起きられるのかな、そんな不安が沸いてどうしても身動きしてしまう、そわそわして落ち着かない、そんな時はもし頓服で抗不安剤が出ているようならそれを飲んでもいいでしょう。
ひとつ注意点ですが、この中途覚醒があまりに続くようでしたら、あなたの体とお薬が合っていない可能性がありますので、担当医に『寝つけても途中で起きてしまう』と正直に伝えてくださいね。

投薬と休養だけじゃ治らない!?もっと大事な治療って?

一般的に『投薬と休養さえすれば治る』と誤解されがちなうつ病。それよりもより必要な『カウンセリング』等の重要性について、踏み込んでいきます。

もしも家族がうつになったら?あなたにもできる手助けとは

身近な人がうつになった時、通院以外に家庭でできる、家族の負担にならない回復への手助けを紹介していきます。

心の病気の名医ってどんな先生?病院選びと治療は相性!

心の病院をどう選ぶかは非常に難しく、情報も少ないです。そこで自分の経験から病院選びのポイントと、医師との相性チェックのポイントを紹介していきます。

『もしかしてうつかな…』心が疲れた時の4つのチェックポイント

一般的なうつ病チェックは項目がたくさんあり複雑ですが、もっと単純で簡単にわかりやすく、心の疲れを自分で確認できるチェック項目を紹介していきます。

うつの人に『頑張れ』はなぜ禁句?その理由と効果的な言葉とは

うつ病の人に接する注意点としてまず聞く『頑張れは禁句』。しかしそれが『何故』なのかはまだまだ知られていないため、より深い理解を求めていきます。