カフェインはうつ病に悪影響?

カフェインの含まれていないコーヒーも、おすすめノンカフェイン飲料

普段からよくコーヒーを飲む、という皆さんは「カフェイン」を摂取することが日課となっていますが、実はこのカフェインという成分もうつ病と関係していると考えられています。

カフェインはコーヒーの他、緑茶や紅茶、ウーロン茶といったお茶類、チョコレートやココアなどのカカオ製品、栄養ドリンクなどに含まれている成分ですが、やはり特にカフェインが多く含まれているのはコーヒーになります。

カフェインの効能は興奮作用であるため、精神を安定させたり気持ちを落ち着かせたりする効果とは反対に眠れなくなったり、めまいなどの症状が現われることもあります。

中でも不眠の症状はよく見られるもので、コーヒーを飲むと眠気が覚めてしまうのはそのためです。すぐに効果が現れるわけではありませんが、コーヒーを飲んだら眠くなくなった、という経験をしたことがある人とても多いのではないでしょうか。

不眠の症状にコーヒーによるカフェインの摂取が関わっていると考えられるような場合は、コーヒーを飲むことを避ける、または控えるなどして不眠を改善していく必要があります。

不眠の状態はうつ状態を引き起こしやすくなっていますし、不眠の症状自体がうつ病の発症サインであることも考えられます。

うつ病を発症すると、憂うつな気分になったり不安な気持ちになることが多くなりますが、不眠などの身体的症状も現われるようになるため、長期間不眠に悩まされている場合は、すぐに医師に診てもらいましょう。

実際に医師からうつ病の患者には「カフェインは摂っても良いけれど控えること」と注意されることが多く、うつ病を発症している時はカフェインの摂取を抑制することが勧められています。

また、うつ病以外の精神疾患を併発しているような場合も、カフェインの摂取は控えることをおすすめします。特に「パニック障害」を併発している場合は、カフェインの覚醒作用によってパニック発作を起こしやすくなることが考えられています。

パニック障害はうつ病と併発しやすい精神疾患の一つですので、パニック発作を起こしにくい状態にするためにもカフェインの摂取は控えておいた方が良いでしょう。

しかし、どうしてもコーヒーやお茶が飲みたい!という場合は、「ノンカフェイン」の飲料を試してみてください。

最近では紅茶などでもカフェインを多く含まないものや、ノンカフェインのものが増えてきていますし、コーヒーでもノンカフェインタイプのものが販売されています。

その他にも夏に飲む機会が多い麦茶などはカフェインが含まれていないお茶として有名です。うつ病予防にはカフェインを摂ることを控えれば良いので、カフェインが少ない、もしくはノンカフェインのコーヒーやお茶であれば飲んでも問題はありません。

コーヒーやお茶を飲むことが好きだという皆さんは、カフェイン入りではなくノンカフェインの飲料を試してみることをおすすめします。