うつ病予防

「セロトニン」の濃度を高める!今できることからうつ病を予防

脳内物質の「セロトニン」は、うつ病の発症と深い関係性があります。セロトニンの濃度が低くなると、気分が塞いだり落ち込みやすくなり、うつ病を発症しやすい状態なってしまいます。

いわゆる「うつ状態」ですが、気分が優れないことは誰にでもあるものですよね。そのため、ちょっと気分が落ち込んでいてもそのままにしてしまう人も少なくありません。

もちろん一時的にうつ状態になってしまっていることもあるので、ストレスを発散したり時間が経つに連れて症状がなくなっていくこともあります。

ですが、うつ状態が2週間以上続くような場合は、うつ病を発症してしまっていることが考えられます。うつ病を発症すると、気分の落ち込みの他、イライラ感、不安感、倦怠感、食欲不振、睡眠障害など様々な症状が現われるようになります。

人それぞれ現われる症状は異なるものですが、辛い症状が長期化されているような場合はすぐに医師に診てもらうことが必要です。

うつ病は適切な治療を受けることで改善させていくことができる病気ですから、早めに症状に気付くことが大切です。少しでもおかしいなと感じたら、一度医師に相談してみてください。うつ状態を悪化させないためにも、初期段階で治療を始めていきましょう。

しかし、うつ病を発症させないような状態にできるのであれば、それに越したことはありませんよね。そこで、ここではうつ病を予防するために今私達ができることをいくつか紹介していきたいと思います。

主に最初に紹介したセロトニンの濃度を高める効果のあるうつ病予防法ですので、気分が優れないことが多い、と感じている皆さんはぜひ試してみてください。

まず1つ目は、太陽の光を浴びることです。皆さんは夜型の生活を送っていませんか?夜型の生活を送っていると、太陽の光を浴びる機会が少なくなってしまうため、セロトニンの働きが低下してしまいます。

セロトニンの濃度を高めるためには、1日1回だけでも太陽の光を浴びると良いので、意識的に太陽の光に当たるように心がけてみてください。

一番おすすめなのは、朝起きてすぐに朝日を浴びることです。朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、新しい1日を始められるように身体がリズムを作るようになります。

次に2つ目は、適度な運動を行なうことです。運動不足は健康に良くないことは皆さんもご存知かと思いますが、心の健康にも運動不足は関わっています。

軽いウォーキングをする、ストレッチをするなど、簡単な運動で良いので毎日継続して行なってみてください。セロトニンの働きが活性化されて疲れた心や身体がリフレッシュできますよ。

そして3つ目は普段の食事からセロトニンの濃度を高める方法です。毎日栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけ、不規則な食生活は絶対にやめましょう。

このようなうつ病予防法は、うつ病の再発予防にも効果的ですので、うつ病を再発させないためにも試してみてくださいね。