重度のうつ病について

行動することさえできなくなる重度のうつ病、医師の元で適切な治療を

精神疾患には様々な症状があり、人それぞれ現われる症状も異なっています。これはうつ病だけを見ても同じで、うつ病の症状にも軽い場合と重い場合とがあるため、症状の程度に合った治療を行なうことが必要となります。

特に重度のうつ病となると、しっかり治療を行なわなければ命に関わる危険性も考えられるため、医師の元で適切な治療を受けることが大切です。ここでは重度のうつ病の場合に現われる症状について詳しく見ていくことにしましょう。

うつ病を発症すると憂うつな気分になったり、不安な気分になったり、イライラしたり、感情が不安定になってしまいます。

その他にも身体のだるさを感じる、夜眠れなくなる、朝起きるのが辛い、食欲がなくなる、何事に対しても無気力になるなどの症状が現われるようになるため、ひどい場合は動くことさえもできなくなってしまうことがあります。

重度のうつ病の症状にリストカットなどの自傷行為が挙げられますが、自傷行為に走るような場合はまだ行動力があると見られるので、重度のうつ病の中では症状は軽い方だと考えられています。

うつ病全体として見れば症状はかなり進行してしまっている状態ですが、うつ病は悪化すると何事に対しても行動することができなくなってしまう病気です。

例えそれが自傷行為だとしても、行動できている状態であれば薬を服用することによってうつ状態から抜け出していくことも可能です。

しかし、食欲がなく何も食べなくなる、水分さえも摂れなくなる、イライラ感が強く現れている、自殺をしたいと思うようになるなどの症状が現れているような場合は、すぐに入院して治療を受けることが必要です。

重度のうつ病の場合は入院して治療を受けることがほとんどですので、このような症状が現れているような場合はすぐに入院させるようにしましょう。

また、自傷行為と自殺は全く別の目的を持っているものなので、患者の周囲にいる皆さんはその点についてよく理解しておく必要があります。

自傷行為に走る気持ちや自殺をしたいと思う気持ちを理解するというよりも、その違いについての理解です。

自傷行為をする時は自分のことを傷つけながらも今の状況から助けようとしていること、または精神を安定させるため・記憶をショートカットしたいがために傷つけていること、自殺をしたいと思う時は死にたいということしか考えられなくなってしまうということ、といったように違う目的を持っているのだということを理解してあげてください。

もし自傷行為を繰り返しているようであれば、患者自身の考え方をゆっくり変えていく必要がありますし、もし自殺を図る行動に出てしまった時は皆さん自身が全力で自殺を止める必要があります。

重度のうつ病の場合は患者だけの力ではどうすることもできません。医師、そして家族や友達、恋人など周りにいる皆さんの協力が必要なので、医師とよく話し合いながら一緒に治療を続けていきましょう。