うつ病と睡眠障害

十分に眠れない「睡眠障害」の状態が続くとうつ病を発症する恐れも

不安なことやイライラすることがあると寝付きが悪くなってしまい、あまり睡眠を取れなかった、という経験がある人は多いかと思います。

現代人は何かと忙しく、睡眠時間も短い人が多いこともあり、睡眠を取ることができる時間は重要なものです。その時間に眠ることができないと睡眠不足に陥ってしまう、というケースも少なくありません。

また、夜中に何度も起きてしまうとか、まだ起きる時間ではないのに明け方の早い時間に目が覚めてしまうとか、睡眠を取ることはできても質の悪い睡眠になってしまう、という皆さんも多いのではないでしょうか?

このような睡眠障害は、精神疾患の一つである「うつ病」の典型的な症状として挙げられます。

主に過剰なストレスなどが原因となって発症するうつ病ですが、うつ状態がひどい場合はよく眠ることができず、睡眠不足に陥ってしまうことがよく見られています。

睡眠不足になると体調も優れなくなりますし、精神的に大変不安定になってしまいます。

眠りたいのに眠れないことに対する苛立ち、眠れないことに対する不安感、眠っても疲れが取れずいつも疲れているなどの症状が長引いている場合は、うつ病を発症している危険性が高いので注意が必要です。

うつ病を発症したことで睡眠障害が現われることはもちろんありますが、十分な睡眠を取れないことからうつ病の発症につながることもあるので、普段から不眠に悩まされているような皆さんはうつ病を発症させないようにするためにも、毎日の睡眠を改善していくことが必要です。

良質な睡眠を取ることで、身体の調子も良くなりますし、精神も安定して穏やかになっていきます。

不眠の状態が長く続くとイライラしたり不安になってしまったりすることが多くなるのですが、睡眠をしっかり取っていることで気持ちが落ちついていくようになるのです。

身体の疲れを取ることはもちろん、気持ちをスッキリさせるためにも良質な睡眠は欠かせないというわけですね。

こうした良質の睡眠を取るためには、毎朝起きた時に太陽の光を浴びることがおすすめです。夜型の生活を送っているとなかなか朝日を浴びる機会は少ないかと思いますが、私達の身体は朝日を浴びることによって体内リズムが一度リセットされるようになっています。

朝起きて仕事や学校に出かけていく皆さんはもちろん、もし夜型の生活を送っている皆さんの場合でも、夜の作業を終えて朝日を浴びてから寝る、といったように生活を変えてみるのです。

朝日を浴びることを日課にしてみると、夜になれば自然と眠くなってくるようになります。

このように、太陽には体内リズムを整えて朝型の生活に導く効果があり、さらに気持ちを安定させる脳内物質「セロトニン」を増やす効果も期待できます。

セロトニンの分泌量が不足すると睡眠障害に陥りやすくなるため、セロトニンを増やすためにも毎朝太陽の光を浴びてから活動を始めるよう、心がけてみてください。