うつ病による自殺願望

「死にたい」自殺願望が強くなるうつ病、ゆっくりと話を聞いてあげて

「生きているのが嫌になる」「死にたい」など、自殺願望が強くなることがうつ病の大きな特徴です。うつ病は自殺したくなる病気、とも考えられてもいるため、うつ病と自殺は切っても切り離せないものです。

もしうつ病と診断されていない場合でも自殺する危険性が高い人は多く見られているので、周囲にいる人達は自殺のサインを出している人がいないか、しっかり見極めることも必要です。

病院に行っておらず、うつ病と診断されていない場合でも、自殺を考えているようであれば、うつ病を発症している恐れは非常に高いと見られます。

うつ病以外にも何らかの精神疾患を発症していることが考えられますので、自殺願望が強くなっている人が周りにいる場合は、ゆっくり話を聞いてあげるようにしてみてください。

できれば自殺の危険性について、よく話してみると良いでしょう。「自殺したい」と思っている人に自殺の話をしても大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、その人自身の話を聞いてあげることは自殺に直接つながりません。

今までにも自殺を考えたことがあるのか、具体的に自殺をする手段は考えているのか、実際に自殺の計画はあるのかなど、自殺について聞くことで抱えていた悩みを外に出すことができるようになるので、思い詰めて自殺するような危険性は若干弱まります。

しかし、具体的に自殺をする手段について考えていたり、既に自殺の計画を立てているような場合は非常に危険な状態なので、もし自殺を実行しようとしていたら皆さんは全力で止めてください。

また、患者自身から「死にたい」という話を聞くこともあるかと思います。そのような時もまずは話を聞くことが大切です。

うつ病を発症するとどうしても考え方が極端になる傾向があるため、気分が落ち込んで何事にも無気力になると「自分は必要とされていない」とか「もう死ぬしか道はない」と思うようになってしまいます。

これはその人自身が思いたくて思っているわけではなく、うつ病という病気がそうさせてしまっているので、うつ病自体を改善させなければ自殺願望は弱まりません。

そのためにもうつ病を発症しているサインや自殺しようとしているサインをできるだけ早く見極めることが必要となります。

うつ病を発症している患者の中には「自分はうつ病なのかもしれない」と思い、自分から心療内科や精神科を受診する人もいますが、自分自身がうつ病を発症していることに気付いていない人も多く見られています。

そのような場合は周りにいる家族、友達、恋人、職場の同僚、学校の先生などが気付いてあげなければならないので、少しでも変化が見られるようであればまずは話を聞いてあげることから始めてみてください。

話を聞いてもらうだけでも患者の心は楽になり、自殺から遠のけることができるようになります。ちなみ自殺と自傷行為とでは目的に違いがあるので、その点はよく理解しておきましょう。