うつ病に似ている症状に注意

ごく一般的なうつ病の症状とうつ病と似ている病気、思い込みは危険

うつ病は気分が塞いだり、憂うつになったり、不安や恐怖を感じたり、ちょっとしたことでイライラしてしまったりと、精神的に不安定になってしまう病気です。

また、食欲がなくなる、眠れなくなる、身体がだるくなる、何もする気が起きず無気力になる、といった身体的な症状も現われることがあるため、一見すると「ただの風邪かな?」とか「ちょっと疲れているだけかも」と感じる場合も少なくありません。

しかし、このような症状が継続して長期的に現れているようであれば、すぐに医師に診てもらいましょう。うつ病は悪化すると何事に対しても無気力になり、まともに動くことさえもできなくなってしまいます。

他の精神疾患との併発も有り得ますし、症状を回復させるためには早めに治療を始めることが重要とされています。

もし自分自身で気付くことがあればもちろんすぐにでも病院に行って診てもらうことが大切ですが、うつ病を発症している人の中には自分自身がうつ病であることに気付いていないケースも多く見られています。

例え本人が「うつ病ではない」と思っていても、実際にはうつ状態に陥ってしまっていることも珍しくありません。うつ病は治療をすることで症状を改善させていくことができる病気です。

周りにいる人の中で、もしかしたらうつ病かもしれない、と感じるような人がいれば、まずは話を聞いてあげることをおすすめします。

すぐに病院に行くことを勧めても、聞いてもらえない場合もあるので、その人自身がどんな思いでいるのか、何でも良いので話を聞いてあげましょう。

ただ話すだけでもうつ状態が楽になることもありますから、最近元気がなく落ち込んでいる状態が続いているような家族や友達がいれば、話を聞いてあげるようにしてください。

また、うつ病は憂うつ感や不安感、イライラ感といった精神的症状が主に現れるのですが、こうした症状が現われる病気の中には「双極性障害」や「自律神経失調症」、「睡眠障害」などの病気も挙げられます。

これらはうつ病と似た病気として知られていますが、実際にはうつ病を発症しているわけではありません。近年、うつ病という病名が世間一般的に知れ渡っていることから、自分で「うつ病かもしれない」と思い込んでしまっている人も多く見られています。

擬態うつ病と呼ばれている症状もありますが、この場合もうつ病ではありません。

うつ病と同じような症状が現れていることだけで「自分はうつ病だ」と判断してしまうことは危険なので、不安な点があれば一度医師によく診てもらうようにしてください。

単なる睡眠障害である場合もありますし、めまいなどの症状が現れているようであれば、自律神経のバランスが崩れていることによって自律神経失調症を発症している場合も考えられます。

うつ状態だけではなく躁状態も引き起こる双極性障害を発症している場合もあるので、まずは心療内科や精神科のある病院を受診することをおすすめします。