うつ病でイライラする人へ

イライラ感が強く現われるうつ病の症状、まずは薬でしっかり治療を

最近ちょっとしたことでイライラすることが増えた、イライラして周りの人にあたってしまう、何の理由もないのに気が立っている、イライラするだけではなく急激に落ち込むこともある、といった症状が長期間が現れているような場合は「うつ病」を発症している恐れが考えられます。

うつ病の代表的な症状には憂うつ感、不安感、気分の落ち込みなどの症状がありますが、イライラ感もまたうつ病を発症している際によく見られる症状です。

もちろん、誰にでもストレスが溜まることによってイライラしてしまうことはありますが、うつ病を発症している場合はイライラ感が長く続くことが特徴と見られています。

健康な状態ならば、ストレスを発散することでイライラは解消されていきます。しかし、うつ病の場合はストレスを発散することもできなくなってしまうため、イライラは募るばかりとなってしまいます。

こうしたイライラ感は抗不安薬などで緩和させていくことができますので、まずは早めに心療内科や精神科を受診してみてください。

うつ病は治療を受けることで症状を改善させることのできる病気です。うつ病を発症した原因を取り除くことも重要ですが、うつ病を発症してしまった以上、症状をしっかり治療することも大切です。

病院では主に薬を使用した「薬物療法」が行なわれ、先ほど挙げた抗不安薬や抗うつ薬などを服用することでうつ病の症状を緩和させていくことができます。

うつ病の症状は人それぞれ異なるため、処方される薬についても違いがありますが、医師とよく相談の上で薬物療法を続けていきましょう。薬を服用することによって、イライラ感だけではなく憂うつ感や不安感も解消していくことができるようになります。

ただ、うつ病は薬物療法だけで治せるものではありません。薬を服用するだけではうつ病を完治させることはできませんので、皆さん自身がうつ病に対してしっかり向き合いながら治療を続けていくことが大切です。

うつ病を発症した時と同じような状況にならないようにすること、疲れやストレスを溜めないこと、自分の性格を見つめ直してみることなどもうつ病の症状を改善させるためには必要なことです。

また、うつ病をはじめとした精神疾患の治療法には「認知行動療法」も用いられていますが、認知行動療法を行なうことによってうつ病を再発しにくい状態に導いていくことも可能です。

うつ病は再発しやすい病気なので、再発を防ぐためにも自分自身でうつ病に立ち向かっていくよう心がけていきましょう。

そのためにも、薬だけに頼らず自ら行動を起こしていくことも必要なのですが、うつ病を発症した当初は自分から行動を起こすことさえもままならない状態です。

回復期に入ったとしても症状には波があるため、気分が明るくなっていてもふとした拍子に落ち込んでしまう、ということも少なくありません。周りにいる皆さんは、症状をよく見ながら協力していくようにしましょう。