うつ病のカウンセリング

定期的なカウンセリングを受けて自分の心をオープンにすることから

最近何となく気分が落ち込むことが多い、身体の調子が優れない、と感じることはありませんか?憂うつな気分になって何をしても楽しいと感じられないとか、人に会いたくなくなるとか、不眠の症状があるような場合はさらに注意が必要です。

もちろん、一時的な症状である場合もありますが、このような状態が2週間以上続いているようであれば、一度心療内科や精神科の医師に診てもらうことをおすすめします。

これらの症状は「うつ病」の典型的な症状であるため、放っておくとうつ状態が悪化してしまうことが考えられます。

うつ病は精神疾患の一つで、ストレスや環境の変化などが要因となって発症することがほとんどと見られているので、まずはうつ状態に陥ってしまっている要因を取り除き、今の自分の状態について誰かに話を聞いてもらいましょう。

家族や友達など周りにいる信頼できる人に自分の気持ちを話すだけでも、心は楽になります。一人きりで苦しい気持ちや辛い感情を抱えていると、うつ状態は悪化していくばかりです。

うつ病の治療としても、他人に話を聞いてもらうことは必要とされていますので、まずは身近な人に話を聞いてもらってみましょう。

しかし、自分の周りにはそんな人はいない、と思っている皆さんも多いかと思います。また身近な人たちだからこそなかなか話せない、という場合もありますよね。

そのような場合は「カウンセリング」を受けてみると良いでしょう。カウンセラーによるカウンセリングはもちろん、心療内科や精神科の医師に話を聞いてもらうことも可能です。

辛く苦しいと感じていても、誰にも話すことができない場合は、まずカウンセリングを受けて自分の心をオープンにすることから始めてみてください。一度にたくさんのことを話す必要はありません。少しずつ少しずつ話してみましょう。

こうしてカウンセリングを受けることによって、うつ状態からは徐々に抜け出していくことができるようになりますが、既にうつ病を発症していて症状が進行してしまっているような場合は、カウンセリングを受けるだけでは治療することはできません。

うつ状態を緩和させるために「抗うつ剤」などの薬を使用する場合がほとんどです。一般的にもうつ病の治療は薬を使用した薬物療法が行なわれると考えられていますが、うつ病を改善させていくためには、薬物療法だけでも不十分です。

定期的なカウンセリングを受けながら薬物療法を行い、しっかり休養を取ることでうつ病の症状は治療していくことができます。

すぐに治る病気ではありませんし、完治まで時間がかかることも、または症状が良くなっても再発してしまうケースも珍しくありません。

そのため、認知行動療法や周りの人とのコミュニケーション、規則正しい生活を送ることもうつ病の治療には重要とされています。様々な治療法と医師やカウンセラー、家族など周囲の協力によって、うつ病を改善していきましょう。