うつ病治療と病院の選び方

心療内科や精神科、精神疾患の治療を専門に扱っている病院を選んで

私達はストレスを感じると精神的にも身体的にも様々な症状が現われるようになります。

気分が塞いでやる気が起こらなかったり、食欲がなく睡眠もよく取れていなかったり、イライラしたり、不安になったり・・・こうした症状は一時的なものですぐになくなることもありますが、長引くようであれば「うつ病」を発症している恐れも考えられるので注意が必要です。

2週間以上憂うつな気分や身体のだるさや疲れがが続いている場合は、一度病院に行って診てもらうことをおすすめします。

もしうつ病を発症していた場合は、早期に治療を始めることで回復も早くなりますから、少しでもおかしいと感じたら医師に診てもらうようにしましょう。

では、「うつ病かもしれない」と思ったら、どんな病院を受診すれば良いのでしょうか?うつ病は精神疾患の一種なので、心療内科や精神科のある病院にかかることが適切です。

疲れやだるさなど身体的な症状が主に現れている場合でも、原因は内科で解決することはできません。

もし内科を受診した場合でも、うつ病が原因の疲れやだるさは「原因不明」と診断されてしまい、結局原因が分からない症状として見られてしまうことがあります。

もちろん実際に内臓疾患などを発症している恐れも考えられますから、まずは内科で診てもらうことも重要ですが、身体的な症状の他に憂うつ感や不安感も併合して現れているような場合は、迷わず心療内科か精神科を受診してみてください。

うつ病をはじめとした精神疾患の治療を専門としているので、パニック障害などを発症している恐れがある場合も心療内科か精神科に相談してみると良いでしょう。

パニック障害はうつ病と併発しやすい精神疾患なので、現在はパニック障害を発症していない場合でも予防をしておくために医師にしっかり診断してもらってくださいね。

病院ではまずカウンセリングや問診を行なっていきますが、初期段階のうつ病であれば医師に相談をして話を聞いてもらうだけでも心は楽になっていきます。

うつ病は心因的なストレスが過度にかかることによって悪化してしまうので、辛い悩みや苦しみを一人きりで抱えている状態から抜け出すことが大切です。

心療内科や精神科で行なわれているカウンセリングには、患者の辛さや苦しみを軽くする効果がありますから、まずはカウンセリングを受けてみる勇気を出してみることから始めてみると良いでしょう。

また、医師から治療が必要であると診断された場合には、薬物療法や認知行動療法によって治療を始めていくことになりますが、特に薬物療法は医師から指示された通りに薬を服用することが重要となっています。

抗うつ薬などが使用される薬物療法は、個人の判断で服用回数を増やしたり服用量を増やしたりすることは厳禁です。うつ病をしっかり治療するためにも、処方された薬は医師の指示に従って正しく服用するように注意してくださいね。