漢方でうつ病を克服

うつ病の典型的な症状を緩和させる効果も、漢方薬によるうつ病治療

何があったわけでもないのに憂うつで悲しい気持ちになる、わけもなく涙が出る、ちょっとしたことでイライラする、食欲がなくよく眠れなくなった、こうした症状はうつ病の典型的な症状として挙げられます。

うつ病は精神疾患の一種で、主に憂うつ感や気分の落ち込みといった精神的症状、食欲不振や睡眠障害などの身体的症状が現われることが特徴で、風邪を引いているだけと思われることもありますし、他人から見るとただ怠けているだけと見られることも少なくありません。

以前は「うつ病はわがまま病」とも言われていたこともあり、現在もうつ病=わがままを言っているだけ、というイメージを持っている人も多いようです。

しかし、うつ病はただのわがままや怠け癖ではなく、現在では病気の一つとして考えられていますので、しっかり治療をすることも可能となっています。

では、うつ病の治療はどのようなことを行なっていくのでしょうか?うつ病は主に「薬物療法」によって治療していくことになります。

従来型のうつ病の場合は「抗うつ剤」を使用してうつ状態を落ち着けていくことができるので、病院からは抗うつ剤を処方される場合がほとんどです。

ただし、うつ状態と躁状態が繰り返し現われるタイプのうつ病である「双極性障害」の場合は、気分安定薬や抗精神病薬を使用することが一般的となっています。

双極性障害に抗うつ剤を使用すると、躁状態が悪化してしまう恐れが考えられるため、気分安定薬や抗精神病薬を使用して治療を行なっています。

うつ病にも様々なタイプがあるので、服用する薬については医師の指示に従うようにしましょう。

また、近年では「漢方薬」を利用したうつ病の治療も行なわれています。漢方薬にはそれぞれ異なる効能がありますが、うつ病の典型的な症状である憂うつ感や気分の落ち込みを緩和させる効果がある漢方薬もあるため、うつ病の治療薬として使用することができるようになっています。

うつ状態の改善に効果的な漢方薬としては、柴胡加竜骨牡蠣湯、桂枝加竜骨牡蠣湯、柴胡桂枝乾姜湯、加味逍遥散、香蘇散、甘麦大棗湯、半夏厚朴湯などが代表的で、特に柴胡桂枝乾姜湯や香蘇散は気分の落ち込みに大変効果的とされています。

また、イライラ感には柴胡加竜骨牡蠣湯が効果的ですし、睡眠障害にも柴胡加竜骨牡蠣湯は効果を発揮してくれます。

漢方薬は皆さんそれぞれの症状に沿った効能があるものを服用することができるので、人によって現れる症状が異なるうつ病には最適となっています。

しかし、場合によっては漢方薬の成分が体質的に合わないこともあるため、その点はあらかじめ注意が必要です。そして必ず医師の指示に従って服用するよう気をつけてください。

自己判断で漢方薬服用してしまうと、体調が変化してしまう恐れもあり、うつ病の症状の変化にも繋がってしまいますので、医師から処方された漢方薬だけを服用するようにしましょう。