うつ病 診断書

うつ病で仕事や学校を休むためには診断書を書いてもらうことが必要

毎日のように現れる憂うつ感、不安感はなどの症状は、「うつ病」を発症している恐れが考えられます。

うつ病は精神疾患の一つで、現代人に多く見られている病気です。憂うつ感や不安感などの気分の落ち込みが代表的な症状ですが、その他にもイライラしたり、食欲がなくなったり、睡眠障害になってしまうこともあります。

うつ病を発症した初期の段階では、夜中に起きてしまうとか、朝早く起きてしまうなどの睡眠障害が現れることが多く見られているため、睡眠障害が長期間続いているような場合は、一度医師に相談してみることをおすすめします。

単なる睡眠障害であれば、心療内科や精神科を受診することで睡眠導入剤を処方してもらうことも可能です。

うつ病を発症していた場合でも、初期段階では睡眠障害を改善することによって、うつ状態を緩和させていくこともできますので、まずは病院を受診して詳しい診察を受けてみましょう。

もし医師からうつ病と診断を受けた場合は、診断書を書いてもらうことが可能となります。診断書を書いてもらうことで、職場や学校にうつ病であることを知らせることができますから、仕事や学校を長期的に休むこともできます。

うつ病は進行すると仕事もまともにできなくなますし、学校に行くこともできなくなってしまいます。ひどい場合は普段通りの生活も送れなくなってしまいますので、うつ病は早めに対処をすることが大切です。

また、周囲の人々に自分がうつ病であることを認めてもらうためにも、心療内科や精神科を受診して診断書を書いてもらいましょう。

無理をして仕事を続けても、うつ病の症状は悪化するばかりです。うつ病をしっかり治療するためには、休養を取ることは欠かせませんので、医師に診断書を書いてもらって長期的な休養を取るようにしてください。

しかし、うつ病の診断書を書いてもらって仕事や学校を休んでいる人々の中には、周りから見ていると「うつ病ではないのでは?」と思われる人も少なくありません。

うつ病と診断されたことを逆手に取って周囲の人々に甘える、自分でできることさえもやらなくなる、何かにつけて「うつ病だから」という言い訳を使っているような場合は、注意が必要となります。

近年では「新型うつ病」など、従来型のうつ病とは症状が異なる現代的なうつ病も多く見られているので、上に挙げたような人々もうつ病を発症している恐れは考えられます。

ですが、このようにうつ病と診断されたことに対して甘えているような場合は、うつ病以前に性格的な問題を抱えている恐れが高いと見て良いでしょう。

うつ病を発症している事実は周囲も理解する必要がありますが、患者本人が「うつ病だから」という言い訳を使うことが続くようであれば、うつ病以外の精神疾患を発症していることも考えられます。

うつ病だけが原因ではないこともあるので、その人を受け入れるためには性格や他の疾患について理解することも必要となるでしょう。