うつ病の再発を防ぐ

うつ病は再発しやすい病気、同じ状況に陥らないよう再発を防ぐ注意も

誰でもかかる恐れがある「うつ病」。しかし、うつ病は適切な治療を受けることで症状を緩和させていくことができるので、まずは早めに対処をすることが重要とされています。

うつ病の代表的な症状には、憂うつ感や気分の落ち込み、イライラ感や不安感などの精神的な症状から、食欲不振や睡眠障害などの身体的な症状も挙げられ、その他にも患者それぞれ現れる症状は異なっているので、少しでも「おかしいな」と思ったらすぐに医師に相談してください。

うつ病の治療は、心療内科や精神科で受けることができますが、中には病院に行くことが怖い、と感じている皆さんも多いかと思います。

でも安心してください。心療内科や精神科は決して怖い場所ではありません。病院で治療を受けることで、皆さんが抱えている症状を少しずつ楽にさせていくことができますから、辛い状況から抜け出すためにも早めの受診をおすすめします。

病院からは「薬物療法」として、うつ病の症状を緩和させるための薬が処方されますので、医師から受けた指示に従って薬を服用するようにしましょう。

また、カウンセリングを受けたり、考え方を変えていく「認知行動療法」を行うこともうつ病の治療には効果的となっています。

特に初期段階のうつ病は、対処が早ければ早いほど回復も早くなります。症状の程度によっては抗うつ剤などの薬を使用しなくても良い場合もあるので、何か不安なことがあればカウンセリングを受けてみることだけでもおすすめですよ。

うつ病は放っておくと症状が悪化してしまい、普段の生活にも影響が出てしまうこともありますし、「パニック障害」など他の精神疾患を発症してしまう場合も考えられます。

パニック発作が起きるパニック障害は、うつ病と併発することが多く見られている精神疾患であるため、発症しないよう注意することが必要です。症状を悪化させないためにも、早めに病院に行って診察してもらい、しっかり休養を取るようにしましょう。

ただし、うつ病は再発しやすい病気であることも大変特徴的となっています。うつ病を発症する原因には、ストレスなどの心因的な問題が関わっていることがほとんどなので、うつ病の症状が落ち着いた場合でも油断は禁物です。

再発させないためにも、うつ病を発症した当時と同じ状況に陥ることは避ける、ストレスや疲れを溜めないようにするなど、再発しにくい状態を自ら意識していくようにしましょう。

また、食生活や睡眠など生活リズムを整えることも必要ですし、適度な運動を心がけることもうつ病の再発予防には最適です。

うつ病の再発をあらかじめ防ぐためにも、普段から規則正しい生活を送るよう注意してくださいね。

もしうつ病が再発してしまった場合でも、医師に相談して治療を受けることで症状を落ち着かせていくことができますので、うつ病のような症状が再び現れるようになったような場合は、すぐに医師に相談しましょう。