脳内物質とうつ病の関係

不足してしまっている「セロトニン」などの脳内物質を補いながら治療

主にストレスなどの心因的な問題が原因となっている「うつ病」ですが、原因の一つとして脳内物質が不足してしまっていることも考えられています。

「セロトニン」と呼ばれる脳内物質には、私達の精神を安定させる働きがあり、憂うつな気分を明るく保ってくれる効果もあります。

ところが脳内のセロトニンが不足してしまうと、気分は落ち込みがちになり、以前は楽しいと感じられたことも楽しいと感じられなくなるなど、憂うつ感に襲われるようになります。

これはうつ病の代表的な症状であることから、うつ病の発症には脳内物質の一つであるセロトニンの不足が大きく関わっていると考えられているのです。

実際にうつ病の治療では、脳内のセロトニンの濃度を高めるための薬物療法なども行なわれており、セロトニンの分泌を増やしていくことによってうつ病の症状を克服していくことが可能となっています。

薬物療法で用いられる「抗うつ剤」などには、セロトニンの濃度を高める効果が期待できるため、うつ病の治療にはよく使われています。

もちろん、抗うつ剤を服用するだけではうつ病を完治させることは難しいですが、抗うつ剤を服用してセロトニンの濃度を高めることによって、うつ状態を徐々に緩和していくことができるので、認知行動療法などを併せて行なう場合にもさらに効果を上げていくことが可能です。

うつ状態を続けたまま認知行動療法を行なうことは難しい場合もありますから、まずは薬によってうつ状態を緩和させながら認知行動療法を始めていくようにしましょう。

また認知行動療法の他、セロトニンの働きを強くしていくための改善策も非常に効果的です。皆さんは規則正しい生活習慣を送っているでしょうか?実は普段の生活習慣もうつ病の発症に大きく関わっているのです。

脳内物質のセロトニンは、規則正しい生活を送ることで濃度を高めていくことができます。反対に不規則な生活を続けているとセロトニンの分泌量は低下していくばかりなので、憂うつ感やイライラ感に苛まれ、うつ病を発症しやすい状態になってしまうのです。

毎日規則正しい生活を送ることは、うつ病の症状を改善するためだけではなく、うつ病を予防するためにも効果的となっています。うつ病予防のためにも規則正しい生活を送るように心がけてくださいね。

できるだけ早寝早起きをする、睡眠はたっぷり取る、朝起きた時は太陽の光をたくさん浴びる、バランスの良い食事を心がける、適度な運動を行なうなど、ごく一般的なことですが、現代人である私達はできていない部分もありますよね。

全部一気に試してみる必要はありませんが、自分ができる対策から始めてみましょう。

不規則な食生活を見直してみる、運動を始めてみる、太陽の光を必ず浴びるようにするなど、今日からできる対策法でセロトニンの働きを活発にしていくと良いですね。まずは生活習慣を改善することからうつ病を治療していきましょう。