うつ病を治す薬の種類

うつ病の治療には抗うつ薬、双極性障害には気分安定薬や抗精神病薬を

何となく気分が優れない、憂うつで不安を感じることが多い、イライラすることが増えた、朝早く起きてしまう、食欲がない・・・といった症状に長期間悩まされている場合は、うつ病を発症している恐れが考えられます。

誰にでも憂うつな気分になることはありますし、眠れなかったり食欲がなかったりといった身体的な症状が現われることも珍しくありません。

しかし、2週間以上同じような症状が続くようであれば、うつ病を発症している恐れが高いと見て良いでしょう。うつ病は現代人にとって身近な病気ですが、なかなか理解されにくい病気でもあります。

そのため、誰かに相談してもちゃんと聞いてもらえないかもしれない・・・といった思いから、一人で症状を抱え込んでしまう人も少なくありません。

ですが、うつ病はしっかり治療を受ければ治すことができる病気です。まずは適切な治療を受けるために、家族や仲の良い友達などの周りの人に相談し、心療内科や精神科を受診することをおすすめします。

病院では主に薬物療法によってうつ病の治療を行なっていきますので、医師の指示に従って薬を服用することから治療を始めていきましょう。

病院から処方されるとしては、うつ状態を改善させる「抗うつ薬(抗うつ剤)」が代表的です。

抗うつ薬の中でも「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」や「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」は、うつ病の治療によく用いられている薬で、うつ状態の改善にも効果的な薬として知られています。

SSRIはうつ病だけではなく、パニック障害や強迫性障害といった他の精神疾患にも最適な抗うつ薬です。

うつ病が発症する原因の一つに脳内物質の「セロトニン」の不足が考えられていますが、SSRIにはこのセロトニンの濃度を高く維持しておくことができる効果が期待できるため、うつ病の治療薬として使用されているのです。

SNRIについても同様ですが、SNRIの場合はセロトニンの濃度を高めると同時に「ノルアドレナリン」という脳内物質の再取り込みを阻害し、意欲を向上させていく効果も発揮します。

うつ病の薬物療法では、こうした抗うつ薬が処方されることになりますので、医師の指示に従って正しく服用しながらうつ病の症状を改善させていきましょう。

ただし、通常のうつ病ではなくいわゆる「躁うつ病」とも呼ばれる「双極性障害」の場合は、抗うつ薬を使用することは適していません。

双極性障害の場合に抗うつ薬を使用すると躁状態を悪化させてしまう恐れがあるため、双極性障害の薬物療法では「気分安定薬」や「抗精神病薬」を用いて治療を行ないます。

基本的には気分安定薬を服用することで双極性障害の再発を防いでいきますが、抗精神病薬も併用することで躁状態とうつ状態を緩和させていくことが可能となっています。

気分安定薬や抗精神病薬を服用する場合も、医師の指示をよく聞いて正しく服用するようにしてください。